冬になると愛犬の頭にフケが出る原因と対策

冬の季節に愛犬の頭にフケが出てくるのはなぜ?

犬も季節によって肌の状態が変化します。

犬の皮膚の健康管理と冬に出てくる頭のフケの原因と対策をご紹介します。

犬のフケ

冬になると愛犬の頭にフケが出る原因

冬におこる犬のフケにはさまざまな原因があります。

一番の原因は皮膚の乾燥です。

犬のフケは頭から背中尻尾にかけて身体中にフケが出ます。

中でも頭は、自分でかくことが容易にできるので乾燥によりかゆみがある場合には、かきむしって皮膚がはがれおちフケとなります。

フケの原因はさまざまですが、乾燥の他にアレルギー性皮膚炎やノミダニの寄生、シャンプーの影響、怪我などもあります。

身体の一部分にフケが出始めると全身に広がってフケが出始める場合と、一部分にだけ集中してフケが出る場合があります。

一部分にだけ集中してフケが出る場合には、ノミダニの寄生などが考えられます。

全身に広がる前に正しい対処をしてあげましょう。

冬になると愛犬の頭にフケが出る時の対策

冬に多くなる乾燥によるフケは皮膚の保湿を行いましょう。

乾燥による皮膚のかゆみが原因のフケは、皮膚環境の改善で防ぐことができます。

犬のフケを防ぐためにはいつも皮膚や被毛を清潔に保っておくことが大切ですが、乾燥によるフケが目だっている犬に過度のシャンプーはさらに皮膚の水分を発情させてします。

そんな時に使いたいのが、保湿効果が高い犬用のシャンプーやコンディショナーです。

皮膚に適度な潤いを持たせ皮膚内部の水分を守る効果があります。

かゆみを伴う乾いたフケが出る場合にはお勧めです。

また、粘りがあるフケの場合には細菌の繁殖を抑える殺菌、抗菌効果があるシャンプーがお勧めです。

その他にもブラッシングの時に拭きかけて使うグルーミングスプレーは毎日のブラッシングで使用でき抗菌、殺菌、保湿効果が高く皮膚環境を整えるためにとても便利です。

まずは、病院でアレルギー性の皮膚炎やノミダニの寄生が無いかを調べてもらいましょう。

飼育環境の管理

室内飼育をしている飼い主さんが多くなり、犬の生活環境も大きく変化してきました。

夏は涼しく冬は暖かく犬にとっても過ごしやすい環境です。

ですが、夏のエアコンも冷やしすぎると犬にとっても健康を害することに繋がりますが、冬場の暖房器具の使用も犬にとっては過度の乾燥状態になっています。

寒いからといって、暖房がかかった室内で、ずっと洋服を着せられている状態では熱がこもり過ぎてしまいますし、暖房器具の使用で部屋の湿度が下がり過ぎてしまったり、温かい室内ではノミダニの繁殖活動を助けてしまうこともあります。

また、ペット用のマットタイプのヒーターなどもこまめに清掃しないとノミダニの温床になってしまいます。

犬の皮膚を健康的に守ってあげる為には、冬場の飼育環境も整えてあげるようにしましょう。

さいごに

愛犬のフケを防ぐのにもっとも重要なのは、衛生管理です。

直接犬の皮膚にノミダニが寄生していなくても冬場のカーペットや布団はノミダニの温床となっていることが多いです。

それが犬の身体から落ちたフケを食べて成長させてしまうこともあり、人間の健康を害する恐れもあります。

飼育環境はいつも清潔に保つことを心がけましょう。

フケが出ている状態をそのまま放置しておくとその他の皮膚トラブルの原因となってしまいます。

また、かゆみを伴うフケの場合には皮膚環境を整えてあげないと、かゆみはどんどん強くなり、かきむしって傷が増えてしまいます。

ひどくなってしまうと皮膚の炎症が起きて、脱毛の原因にもなります。

乾燥が始まる冬の季節にも愛犬の皮膚、被毛のお手入れはこまめに行うようにしましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ