犬が吐く原因はストレス?危険な病気のサインかも

あなたの愛犬は毎日健康に過ごしていますか?

犬は喋ることができませんので、普段の様子からストレスや病気に早く気付いてあげることが大切です。

犬によくみられる嘔吐について気にされている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

それでは犬が吐く原因などについて詳しくお話していきます。

犬の嘔吐(吐く)のは普通なの?

犬は人間に比べると吐くことが多いですよね。

犬が吐くのには2種類あり、吐出といい吐き出した未消化のものを吐き出し、吐いた物をもう一度食べてしまうことがあります。

これは自然現象で病気の心配はありません。

嘔吐の場合は、吐き出したものは消化されている場合も、未消化な場合もあり、もう一度食べようという行為をしません。

こちらは病的な物と心配いらないものがありますので、よく注意しましょう。

犬が吐く多くの原因は、食べ過ぎによる一時的な自然現象なものや空腹の場合が考えられます。その場合は吐いても元気にしているのでそんなに心配はいらないでしょう。

ストレスが原因?

犬はストレスが原因で様々な病気になることがあります。

病は気からという言葉があるように人間も同じですよね。

人間でもストレスの状態が続くと胃痛や、下痢をしたりします。

犬の代表的なストレス疾患も胃腸炎で、嘔吐や下痢の症状が見られます。

他にも膀胱炎や皮膚炎の症状が出たりする時もあるので気をつけましょう。

ストレスの原因として室内の温度や、季節の変わり目の変化、引っ越しなどによる環境の変化、留守番の時間が長くなったり、増えたりなどがありますので、まずは愛犬の環境について見直ししてみましょう。

愛犬の嘔吐物は何色ですか?他の症状は?

多くの場合は心配いらない嘔吐が多いのですが、中には病気などの危険がある場合もありますので犬の嘔吐物をよく観察しましょう。

血や、異物が混ざっていたり、嘔吐以外に下痢や熱もでていたり、何度も吐いていたり、ぐったりしているなどいつもと様子が違っているときはすぐに病院に連れていく必要があります。

嘔吐物(ゲロ)に血が混ざっている場合

胃潰瘍や、腫瘍など危険な病気の可能性があります。

吐いたものが黒ずんでいたりしたら、出血から時間がたっていますので緊急と考えましょう。

異物等を食べてしまった場合

拾い食いをしてしまったり、食べてはいけないものを食べると、痙攣をしながら吐いたりします。

嘔吐の中に異物等が混ざっていないかも確認し、嘔吐物をもって動物病院にいきましょう。

黄色い嘔吐物(ゲロ)の場合

愛犬が黄色いゲロを吐いているのを見たことがあるのではないでしょうか?

この黄色い液体は胆汁で少し鼻を突く匂いがします。

胆汁を吐く原因は主に空腹によるもので、フードの量が少なかったり、回数が少ないときに、胆汁が胃に逆流して嘔吐して吐いてしまいます。

心配いらない場合がほとんどですが病気を伴う場合もあります。詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

>>犬が黄色い液体を吐くのは病気?ガンの可能性も…

白い泡のような嘔吐物(ゲロ)の場合

朝起きた時などに愛犬が白いゲロを吐いていたという経験ありませんか?

この白い泡は胃液で空腹などで胃酸が多くなっている場合やストレスなどが考えられます。

ストレスの場合は注意が必要ですが、空腹の場合は食事の時間を見直したりすることで改善が出来ます。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

>>犬が白い泡を吐くのは病気?元気もなく食欲不振は危険信号?

同時に血便や下痢がある場合

犬が嘔吐すると同時に血便や下痢を伴う場合、危険な病気の可能性もあります。

放っておくと命に関わることがありますのですぐに病院へ行きましょう。

重大な病気の代表として次のような病気があります。

パルボウイルス感染

パルボウイルスは大変強毒なウイルスで、感染するとウイルスに対する治療法がないため、そのまま亡くなってしまうことが非常に多い病気です。

子犬に下痢、嘔吐が見られた場合は、すぐに動物病院へ連絡をしましょう。

急性膵炎

膵炎とは、膵臓から分泌されるタンパク消化酵素が多くなり過ぎ、そのために自分の膵臓を自分で溶かしてしまう怖い病気で、早急に治療が必要です。

嘔吐や下痢、血便、そして腹痛を伴うと猫背のような姿勢で背中を盛り上げた状態になります。

最近では、人間の脂っこい食べ物をあげてしまったり、犬用のジャーキータイプのおやつを食べ過ぎたことで急性膵炎になったということもありますので、犬に与える食品は量などにも十分気をつけましょう。

ゲロが茶色っぽく血が混じっている場合

犬の嘔吐が茶色っぽい時も注意が必要です。

嘔吐物が茶色いのは、古い血が混ざっているのが原因で、吐血の一種になります。

古い血の茶色い嘔吐物の場合には胃腸の病気が考えられます。

胃腸の病気として考えられるのは急性胃腸炎、胃潰瘍などがあります。

急性胃腸炎の主な原因は腐った食べ物や腐敗した水などを飲んで発症します。フードや水は常に新鮮なものを与えるようにしましょう。

胃潰瘍は胃の組織の一部に穴があく病気で原因として肥満や腫瘍や腎不全などが考えられます。病院で適切な治療を行いましょう。

吐こうしても嘔吐物が出ていない場合

苦しみながら吐いてたり、吐こうとしても、吐くことができなかったりする場合は、“胃捻転”など胃に問題がある場合があります。

食べ物を口に入れても、飲み込めずに吐いてしまう場合は、食道やのどのあたりに異常がみられる場合があります。

いずれの場合も判断が難しいので獣医師に診てもらい適切な治療が必要です。

まとめ

犬が吐く原因や、嘔吐物によって考えられる病気等を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

犬が吐くことが多いと感じている飼い主さんは、嘔吐物の色や犬の様子をよく観察するようにしましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ