犬が嘔吐は危険? 症状別、吐く原因と病気を見分ける3ポイント

「えっ…吐いてる!?」

愛犬が突然嘔吐すると、「病気?」「食べ過ぎ?」「どうしたらいいの?」と対応に慌てますよね?

特に、犬を飼い始めて、まだ犬のことに詳しくない場合は、泣きそうになるくらい心配になってしまうこともあるかと思います。

でも、安心して!まずは落ち着いてください。

犬は人に比べて、よく嘔吐してしまう生き物なのです。

大した原因ではなく嘔吐する場合から、ちょっと心配しなければならない嘔吐まで、同じ嘔吐でもいろいろあります。

まずは、犬の嘔吐に関して知ることで、冷静な対応をしていきましょう。

犬が吐くのはどんな時?

まず、犬が吐くというのはどういうことなのでしょうか。

「ただの食べ過ぎ?」
「胸焼け?」
「それとも、なにかの病気…?」

犬が吐く理由を見極めるためには、まず以下の3つのどの症状なのかをチェックする必要があります。

単なる吐き出し

1度食べたものが、胃にいく前に、吐き出してしまうことをいいます。

嘔吐物を見ると、食べたドライフードの形そのままだったりすることが多く、未消化なのがわかります。

また、吐き出しの場合、犬はそれをまた食べようとすることがあります。

嚥下障害

犬が慌ててご飯を食べた時や、口に入れたものが大きすぎて、うまく飲み込めない原因があり、吐き出します。

嘔吐

これは、吐き出しとは違い、嘔吐物には未消化の食べ物が見当たりません

嘔吐とは、消化された後に吐くものを嘔吐と呼びます。

嘔吐は、犬自身も気持ち悪く吐くことが多く、いつも愛犬を観察している人ならわかるはず。本当に不安そうな顔をします。

どの症状も実は危険!!

「じゃあ、嘔吐以外なら、心配しなくてもOK?」と、単純に思いたくなりますが…

吐き出しや嚥下障害の場合も、完全に未消化のものが吐き出せたのかどうかによっても、危険が生じます。

どの場合も安全ということではなく、飼い主の観察が必要になります。

それぞれの原因と対処法

では、そもそも、吐き出しや嚥下障害、嘔吐、どちらもどうして起こるのでしょうか?

また、病気からする嘔吐にはどんな特徴があるのでしょうか?

一刻を争う場合もあるので、しっかりチェックを!

犬が吐く原因には、比較的あまり深刻にならなくても、飼い主さんの管理次第で解決できるものから、様子見をする猶予なく、病院へ行った方がいい深刻な原因まであります。

様子見していい場合と、そうではない場合とで見ていきましょう。

比較的、心配がいらない原因

  • 食べ過ぎ(慌てて一気食い)や空腹
  • フードをある日突然変えた場合
  • 車酔い

すぐ病院に連れて行った方がいい原因

  • 毒物などの誤飲(ネギ類・人の薬・洗剤など)
  • 消化器の病気(胃炎・胃捻転・胃潰瘍)
  • 感染症(パルボウィルス・ジステンパーなど)
  • 何かしらの全身疾患(ガン・腎不全・肝不全など)

病気の見分け方は?

犬が吐いてしまう原因はわかりましたが、どんな嘔吐物があって、どんな症状なら様子見をしたり、病院へ行った方がいいのでしょうか。

様子見をしていい時の症状

黄色い嘔吐物の場合

黄色い泡状の嘔吐物を吐くことがありますよね。

この黄色は胆汁といい、ツンとする酸っぱい臭いが特徴です。

まず、食前や食間にこの黄色い泡だけを吐く場合は、空腹である場合が多いです。

または、あげている量が少なかったり。肥満に注意しながら、ご飯の回数を増やすなどで改善を図ります。

また、食後に同じように黄色い泡とフードを一緒に吐く場合、食べ過ぎや、一度にあげる量が多すぎる場合があります。

この場合も、食事の量や回数を見直しましょう。

白い嘔吐物の場合

白い泡状の嘔吐物は胃酸です。

この場合も、食事と関係している場合が多いです。

お腹が空いて、胃酸が過剰に分泌され、気持ち悪くて吐いてしまったり、または、車酔いやストレスからの場合もあります。

基本的に、食事前後の嘔吐に関しては、黄色い嘔吐の時と同じになります。

車酔いに関しては、車に乗る直前に食事をさせないことや、車酔い止めの薬で対策をします。

まず、これらの嘔吐の場合、吐いた直後、犬がケロッとして元気であれば、様子見して大丈夫なことが多いです。ただし、1日に何回も吐いたり、3日以上吐くというような場合は、犬がどんなに元気に見えても、正常ではないので、獣医さんに診てもらいましょう。

様子見することなく、病院へ連れて行った方がいい症状

同時に血便や下痢がある場合

吐くと同時に血便や下痢がある場合は、感染症にかかっていることを心配しなくてはなりません。

どんなに予防注射をしていても、何かのきっかけでかかる可能性はゼロではありません。

特に仔犬のうちはパルボウィルスにかかりやすいのです。

また、感染症以外にも、消化器や膵臓などに炎症がある場合も、嘔吐以外に血便や下痢が起こります。

それらの症状があれば、おそらく犬自身も元気がない場合が多いです。

どんなにご飯を食べているという状況でも、病院へ行くべきです。

ゲロに茶色っぽく血が混じっている場合

嘔吐物の中に赤く血のような色が混じっていると、ドキッとしますよね。

これは、胃や消化器からの出血の場合と、口内に傷があり、たまたま嘔吐物に血液が混ざった場合とあります。

病気として考えられるのは、胃や消化器からの疾患による出血や、何か尖った異物を飲み込み、内臓の壁を傷つけてしまった場合などです。

いずれにしろ、仮に吐いた後、元気にしてる場合でも、深刻な状況の場合があるので、病院へ連れて行きましょう。

正しい対処法は?

以上のことから、愛犬が吐いてしまった時に取るべき対処法を整理してみましょう。

(1)嘔吐物の内容を確認
(2)吐いた後の犬の状況はどうか
(3)吐く以外に症状はあるか

(1)嘔吐物の内容を確認

まず重要なのは、吐いたものをちゃんと見ることです。

黄色や白い泡の嘔吐物や食べたものがそのままという場合は、その後、犬が元気なら様子を見て見ましょう。

ただ、嘔吐物に、どうも血が混じったような茶色み帯びた色だったり、明らかに血が混じっている場合は、病気の場合がありますので、様子を見ずに病院へ行くようにします。

(2)吐いた後の犬の状況はどうか

黄色や白い泡の嘔吐物でも、吐いた後、元気がないとか、食欲がないという場合は、正常じゃありませんので、吐いた後の状況を観察して、いつもと様子が違うようであれば、迷わず病院へ行くことが大切です。

また、1日に何回も吐くという場合も同様に、正常とは言えないので、その場合も獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

(3)吐く以外に症状はあるか

吐く以外に症状がある場合は、深刻な病気の場合がありますので、1日様子みて〜とはせず、急いで病院へ行くようにしましょう。

感染症や、消化器系の病気の場合、早期治療することで、愛犬のその後が全く変わってしまうことがあります。

まとめ

犬が吐くには、深刻な原因も潜んでいるので、楽観視できないことがわかりますよね。

とはいえ、うちの犬もそうですが、犬って結構”ケポッ”と吐きやすいです。

なので、私たちの日頃の観察は、とても大切になってきます。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ