梅雨の時期に犬がなりやすい2つの病気の症状と対策法

実は梅雨の時期に犬がかかりやすい病気があるのですが、あなたの愛犬は大丈夫ですか?

愛犬の変化に気がつき助けてあげられるのは、飼い主であるあなたしかいません。しっかりと愛犬の変化に注目してあげてください。

では、今回は梅雨の時期に犬がなりやすい病気の症状と対策法についてお話していきたいと思います。

img_0

梅雨の時期に犬がなりやすい病気とは…

あなたの愛犬は最近、やたらと体をかきむしったり、噛んだり舐めたりしていませんか?

その症状は、梅雨に発症しやすいと言われている皮膚病「ホットスポット」という病気の可能性が有ります。

この皮膚病は、痛みとかゆみが非常に強く、血が出るほどかきむしる犬も居ます。急な脱毛が起こる飼い主が気づく事が多い病気です。

「ホットスポット」は、高い気温と湿度は殺菌が繁殖するのにはとってもよい環境であるため、蒸れなどから細菌感染がおこり皮膚に異常をきたす病気です。とくに犬は全身が毛で覆われている為、毛の根元が蒸れて細菌が感性してしまうことが多いのです。

梅雨の時期に皮膚病にならない為の対策法

犬のshampoo

皮膚病にかからないためには、雨の日の散歩や自宅でのシャンプーの後に、しっかりと毛根から毛を乾かす事が重要です。

毛が濡れたままで高温になると細菌が感染しやすくなるため皮膚病の原因につながります。

他にアレルギー体質の犬の場合は、アレルゲン対策をしっかりしておく事も大切です。主なアレルゲンにはノミやマダニがあげられるので、そのへんの対策は1年で最も気温が上がる夏前にしっかりしておきましょう。

皮膚病の他にも梅雨になりやすい病気が…

ぐったりするいぬ

実は犬が梅雨になりやすいと言われているのは、皮膚病だけではありません。あなたの愛犬は梅雨の時期になってから下痢や嘔吐などの症状がありませんか?

梅雨の時期になると下痢や嘔吐をする場合は胃腸が弱っている場合が考えられます。

梅雨の時期に愛犬が下痢や嘔吐をする原因は、気温が上がりはじめた梅雨の時期に水をがぶ飲みしたり、冷たい水を飲み過ぎたりするだけでも胃腸が弱って下痢などを起こします。

また、愛犬の食器などは清潔ですか?

先ほども言いましたが、梅雨のような高温多湿な時期には細菌が発生しやすくなっているので、愛犬の食器やフードなどが衛生的であるか気をつけて上げましょう。

また人間の体感温度に合わせてエアコンなどを使用している場合は、愛犬が冷えすぎてないかも注意が必要です。急激な温度差なども愛犬にとっては体調を崩す原因になります。

熱中症も怖いですが、冷え過ぎも胃腸の働きを悪くする原因になるので、同じ部屋で過ごす場合は室温に気をつけましょう。

さいごに

梅雨の時期は人間も体調を崩しやすい時期です。

犬も人間と同じ、またはそれ以上にデリケートです。飼い主の注意で予防できる病気はできるだけ予防してあげたいですね?

また高温多湿になると熱中症になる場合もあるので、こちらも注意しましょう。特に高齢犬・幼犬を飼育している場合は、飼い主がしっかりとケアしてあげる事が重要です。

高齢犬は高齢化で胃腸がすでに弱っている状態ですので、体調に気をつけないと季節の変わり目は病気になりやすくなります。清潔で快適に過ごせるように飼い主がサポートしてあげましょう。

皮膚病などを早期発見できるようにスキンシップを大切にして愛犬の皮膚のチェックなどもこまめにすると良いでしょう。

雨が続いてお散歩できない日などは十分にスキンシップをとって、愛犬の健康状態をチェックしてあげましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ