愛犬の寝る場所によって飼い主に対する親愛度が違う?

あなたの愛犬は家の中でどのように過ごしていることが多いですか?

うちの犬は室内でソファーの上に寝ていたり、家族の膝の上で丸くなって過ごしていることが多いです。

家族の誰かが昼寝をしていれば、よく一緒に寝ています。

安心して一緒に寝ている姿をみるとこっちも嬉しくなるものですが、愛犬の寝る場所によって親愛度が違うのでしょうか?

犬が寝る場所の意味や気持ちについて紹介していきます。

場所別の意味や犬の気持ち

そもそも、なぜ犬は飼い主に寄り添って寝るのでしょうか?

犬の祖先は、集団で生活し、リーダーを中心に体を寄せ合い眠っていました。

こういった習慣の名残から、犬は信頼している飼い主のそばで寝ることによって安心を得るのだと考えられます。

うちの犬は足元にくっ付いて寝ていたり、体の上に乗ってきたり、様々な寝方をしているのですが、寝る場所には何か意味があるのでしょうか?

それでは場所別にみていきましょう。

足元布

足元で寝るのは、飼い主をリーダーと認めているからだといわれます。

さらに、足元で寝るのは、外敵から飼い主を守るためという説もあります。

どちらの理由にしても犬が飼い主を信頼している証拠ですね。

人間の足元で寝ているのは、自分の方が飼い主より下だと思っているようです。

頭の上

飼い主の頭の近くだと、自分の方が順位が上と考えていると言われています。

犬の下に人がいるという位置関係になるので、人が犬を守っているという状態になりますね。

普段の生活から飼い主さんをリーダーとして認めているかどうかを再確認し、場合によってはしつけが必要となりそうです。

他の位置は?

ちなみに人間のお腹のあたりで寝ているのは、自分と同等、胸の辺りであれば、自分と同等または自分の方が上ということらしく、体の位置によって、飼い主と犬の上下関係が現れています。

ですがそうではないという考え方もあります。

そもそも犬は人間の感じ方とは全く違うものを持っているので、好き、嫌いという気持ちよりも一緒にいて安心できる、信頼しているという感情を持っています。

なので信頼関係が成り立っていると感じていれば、寝る位置などは深く気にする必要はないかもしれませんね。

布団の中

布団の中は飼い主の臭いがとてもするので、犬にとって安心できる場所です。

また犬は臆病な動物なので警戒心が強く、不安感から、飼い主と一緒に寝て安心感を持ちたいと思っています。

ただ、犬が飼い主を下だと思っている可能性もあります。

犬は本来、上位者の縄張りには入らない様にします。

怒られなければそれが当たり前だと思い、犬は飼い主のことを上位者だとは認めなくなっていきます。

犬が飼い主と一緒に寝るということは、対等に見られていることが多く、主従関係も崩れる恐れがあるので注意が必要です。

ただ、こちらも同じくきちんと関係が保てていて、お互い心地よければ無理にやめさせる必要はなさそうです。

離れた場所

今まで飼い主の足元でくろいでいた寝ていた犬が突然、離れていくことはありませんか?

突然離れていくと飼い主としては不安になりますが、安心してください。

この行動は飼い主に対して安心して気を許している証拠です。

犬は飼い主を信頼すると、安心してその場を離れることができ、側を離れて寝たりします。

飼い主に対しての信頼関係の証だと思ってください。

犬にとってベストな位置は?

それでは犬にとって寝る場所はどこにが一番よいのでしょうか?

やはりいつでも群れで行動し、群れで休んでいた犬ですから家族と同じ寝室が良いです。

寝るときも、母犬や兄弟犬ほか群れの犬達とくっついて寝ていましたし、目が覚めた時もいつでも仲間の姿がすぐそばにある状態でした。

今でも、この時の習性を持っていますので一緒の寝室で寝ることで愛犬の精神を落ち着かせてあげることができます。

できるだけ規則正しい生活ができる方の寝室にしてあげるといいですね。

うちの犬も家族のベッドに囲まれ、同じ時間に寝て、同じ時間に起きています。

ひとりぼっちで寝かせるのは、万が一地震などが起きたときも心配ですので同じ寝室にしましょう。

ケージや入れたりして寝かせるのはよくない?

それでは同じ寝室にどうやって寝ればいいでしょうか?

愛犬が安心して眠ることができるようにするためには、やはり専用のスペースを用意してあげましょう。

サークルやケージなどで囲い、外部からの影響を心配することなく、リラックスして眠れる環境を用意してあげましょう。

ただ広すぎるスペースを用意すると、スペース全部を守らなければいけないという防衛本能が働き、ストレスになるので、年齢や体のサイズに合ったスペースを用意しましょう。

また、寝床にはフリースなどの足触りのよいものを選んだり、飼い主の匂いがついた敷物などを置くと自分で好んでその場所で寝てくれるようになります。

犬専用の寝床を作り安心して愛犬が熟睡できるようになると、病気をした時もゆっくり療養できますのでおススメです。

まとめ

愛犬の寝る場所の意味などについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

愛犬の気持ちを一番わかってあげれるのは飼い主であるあなたですので、きちんとリラックスできているか確かめてあげましょう。

犬にとっても睡眠は健康のために必要な時間ですので、安心して眠れる環境を作ってあげたいですね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ