散歩中先に歩きリードを咳が出るほど引っ張る犬をしつける3ステップ

犬を飼っていると様々な問題を抱え、頭を悩ませる事があるかと思います。

そんな数ある悩みの中でも特に上位に上がってくる悩みの一つとして散歩中の引っ張り癖があります。

小型犬であれば引っ張られても制御はできるのですが、中型犬や大型犬ともなると、急な引っ張りは飼主さんの転倒の恐れもあり、なにより常に引っ張られていると飼主さんも疲れ、毎日の散歩自体が人にとって大きなストレスになってしまいます。

また、引っ張りによって犬の首が締まり咳き込んだりひどい場合は嘔吐をしてしまう子もいます。

では、なぜ犬は散歩中に引っ張るのか、どうしたら改善する事ができるのか、根本的な所から原因を見つけ、引っ張り癖をなおしていく方法を探していきましょう。

455395

なんでグイグイ引っ張るの?原因は?

まずは愛犬がリードをグイグイ引っ張る理由を見ていきましょう。

「一般的には犬が主導権を握っているから」「主従関係が出来ていないから」などとよく言われていますね。

ですが実は、日頃お腹を見せる服従のポーズをとる子や、アイコンタクトがきちんと取れているような子でも、散歩となるとひたすらグイグイ引っ張る子がいます。

そんな時まず原因として考えられるのは、散歩時に興奮状態で冷静な状態ではないという事。

【公式】INU-LABOとお友達になる

※お友達追加は5秒で完了でき、いつでも友達解除もできます。

運動不足からくるストレス

いつもならお座りや待てなどのコマンドが入っている子でも、「散歩の時には全く聞いてくれず、ひたすら前へ突っ走る」なんて事がよくあります。

こういった子は基本的に運動不足だったり運動量が足りていないなど、日頃の生活で不満を抱えている可能性があります。

運動不足なワンちゃん

なので、リードをつけられた瞬間から「あそこへ行きたい!」という欲求を満たすため興奮状態で飼主さんの声も届かず、グイグイ引っ張ってひたすら突っ走る形になります。

実際に、日頃放飼いで飼われている子などはリードをつけても引っ張らない事が多々あります。

これは、普段自由に過ごしているため、リードをつけられた際に「今あそこへ行かなきゃ!」という欲求が働かないからになります。

間違った認識をしている

そしてもう1つの可能性は、「既に間違った状態でトレーニングが入ってしまい引っ張り癖が強化されている」ことです。

しつけとして教えたつもりはなくても、

散歩の時に犬が引っ張る
→飼主がついてくる
→行きたい場所へ行けた

という一連の流れで、引っ張れば飼主はついてきて目的地に行ける(嬉しい、ご褒美が得られる)という間違った習慣を学んでいる事になります。

d8c38e1086618739880a1923614d1460_m

では、こういったときにはどうしたらいいのか。

今度はダメなしつけ方といいしつけ方を見ていきましょう。

ダメなしつけ方と正しいしつけ方

間違ったしつけ方

まず、やってはいけないしつけ方。

絶対にやっては行けないしつけ方は、叩いたり恐怖で押さえつけるようなしつけ方です。

これは犬に対して恐怖心を植え付け、散歩自体が嫌いになってしまう可能性があります。

また、手や足を使い罰を与える場合、犬にとって手、足、その物が怖いものと認識してしまい、ひどい場合は手や足に対して噛み付いたり威嚇をするようになってしまいます

次にやってはいけない事は、中途半端なしつけです。

散歩をする日によってしつけが厳しい日があったり、甘い日があったり。

散歩する人によって、指示が違ったり、やる事が違ったり。

こういった中途半端なしつけはかえって犬を混乱させてしまう事になります。

では、次に正しいしつけ方をみていきましょう。

引っ張る犬をしつける3つのステップ

まず、引っ張る事でご褒美が貰えるという間違った習慣が入っている可能性が高いため、そこから改善していきます。

やる事はいたってシンプルで、リードをつけた後、引っ張られたら犬の向かった方向とは逆方向へ進む
これをひたすら続けるだけです。

最初の内はまともな散歩にもならないと思いますが、これをひたすら繰り返す内に、行きたい方向へは行けないんだ。と自覚し次第に引っ張らなくなります。

そして、引っ張らなければ前に進めるという事も同時に学んでいきます。

この際に、ドッグフードなどをポケットに忍ばせておいて、上手く行った時はご褒美をあげると、もっと効果的になります。

そして、立ち止まり飼主さんの目を見た時、隣に座った時などにご褒美をあげるようにしていくと、同時にアイコンタクトの練習と、ヒール(隣に座れ)の学習ができます。

さいごに

159471

本来なら散歩の仕方などは生後3ヶ月頃にトレーニングをするのが一番いいのですが、成犬になってからでも十分トレーニングはできます

その際は、飼主さんも途中で諦めたり、投げ出したりせず、根気よく
また、上手くできた時は必ず褒めてあげる事。ご褒美をあげるどを徹底する事。

これを守って、愛情をもって接していく事で引っ張り癖は必ず改善される日が来ます。
トレーニングによって散歩時の引っ張りが無くなる事で、わんちゃんも苦しまずに済むようになり、飼主さんも無駄に疲れないで、より楽しく散歩に行く事ができるようになります。

今まで、他所のお家のわんちゃんがお利口さんに散歩をしているのをみて羨ましいと思った事はありませんか?
やる事は簡単です。散歩時のトレーニングと諦めない心であなたのわんちゃんも変われます!
散歩時の引っ張り癖を改善させる事によって、より一層愛犬との絆も深まり、よりもっと愛犬との快適ライフを目指しましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ