愛犬のシャンプーのやり方!顔周りを嫌がる時の対処法

夕立ち後のお散歩は、涼しくなって楽しくてはしゃいで泥んこになっちゃいますね。

愛犬の足もお腹もドロドロ!もうっ!

いつもはサロンにお任せしてるけど、今からじゃ予約取れないし・・・

そんな時でも大丈夫!おうちでシャンプーしましょうよ!

今回は、愛犬のシャンプーのやり方と洗う時に嫌がりやすい顔周りを洗う時の対処法を見ていきたいと思います。

これであなたも愛犬をお風呂に入れてあげられる事でしょう。

pet-flea-collar-3

愛犬のシャンプーをする際に注意すること

“犬をシャンプーする目的”と言ったら大袈裟ですが、まずノミやダニの温床にしないためというのがあります。

それからドッグランなどで思いっきり遊んだ後の汚れを取り除き清潔にするためでしょう。

でも、注意してください。

犬は自分の匂いが消えてしまうのをとても嫌がります。

不安になってしまうのでしょう。

ですから、あまりシャンプーの回数が多いのはいけません。

目安としては多くても二週間に一回、通常は月に一回でしょうか。

短毛種は濡れタオルで汚れを拭き取ってあげましょう。

犬は赤ちゃんや小さな子どもと同じです。

いきなり水しぶきがかかると水が嫌い、お風呂嫌いになってしまいます。

シャワーの音も聞き慣れない初めての騒音です。

怖い記憶にならないよう気をつけてあげてくださいね。

小さな子どもがお風呂でアヒルのおもちゃを楽しみにするように、シャンプーの時間を楽しくしてあげましょう。

バスタブの湯船やシャワーの音に徐々に慣れてもらいましょう。

お風呂に入る前に、ブラッシングしてもつれ毛を防ぐのもお忘れなく。

犬のシャンプーのやり方

まずは事前準備として、お風呂に入る前にブラッシングして被毛に絡まった大まかな汚れやムダ毛を取り除いておきます。

もしこの作業をせずにいきなり体を濡らしてしまうと、毛が余計に絡まってしまったり、毛玉ができやすくなってしまいます。

事前準備ができたら、体を濡らしていきます。

この時、いきなり顔に水をかけて驚かせてはいけません。

足から徐々に胴体へと水をかけて濡らしていきます。

ぬるめの35℃位の温度で、愛犬の体に近付けてシャワーをかけてあげれば消音され、ジャーという水音への怯えが軽減されるでしょう。

顔まわりはデリケートですから、目に水が入らないよう気をつけてあげてくださいね。

シャワーの際には、肛門ケアもなさるとよいですよ。肛門はどうしても汚れてしまいますので、軽く絞ってシャワーしてあげるといいです。

体全体を濡らしたら、今度は容器からシャンプー液を出して薄めてかけます。

マッサージしてあげるように、ラバーブラシをお使いになるのもよいでしょう。(もちろん手でも問題あありません!)

顔から耳にかけては、丁寧に優しくマッサージの要領で洗ってあげましょう。

足の指の間は汚れが溜まっていますから、こちらは丁寧にゴシゴシ洗って汚れを落としてあげてください。

シャンプーが全身に行き渡りマッサージの要領で汚れを洗えたら、流してよくすすいでいきます。

流す時も少々時間はかかりますが、弱めの水量で優しく流してあげましょうね。

流し終わったら、愛犬自身に胴震いをしてもらって大まかな脱水をします。

タオルで水分をふき取る際には、ゴシゴシせずに押し当てて水分を吸い取り、ドライヤーでしっっかり乾かします。

ドライヤーの音にも慣れておいて欲しいですね。

慣れていないのでしたら、まずは弱めの風量で乾かしてあげましょうね。

犬が水をブルブル001

 

お風呂で水を嫌がる時の対処法

お風呂で水を嫌がる原因は上でも述べましたが、何か水で嫌な経験をしているからです。

“シャワーの音”そのものが、怖い場合もあります。

小さい子どもをお風呂好きにするため、湯船に浮くアヒルのおもちゃ等でリラックスさせますよね?

犬も赤ちゃんや小さな子どもと同じです。

まず、お風呂場、バスルームが楽しい所だと分かってもらう事が一番大切です。

対処方としては、お風呂場で遊んだりおやつをあげたりして、とにかくお風呂場に喜んで入れるようになってもらいましょう。

しかし、犬の中にはシャワーの「ジャー」っという音が怖いワンちゃんもいます。

洗い方の項で述べたように、シャワーを体に近付けて水をかけると音があまりしません。

勿論、足や胴体から、順に慣らすようにシャワーしてあげてくださいね。

日頃からグルーミング、ブラッシングに慣れさせておくことも大切です。

なによりスキンシップが大切なのですね。

 

顔周りを嫌がる理由や対処法

顔周りは絶対に触らせてくれないワンちゃんって、実は結構多いのはないでしょうか?

顔、特に耳や口は犬の急所に当たりますから、触られたくないのは当然なのです。

でも触らせてくれないと、シャンプーの時など洗えなくて困ってしまいますよね?

もし、お耳の病気でも診てあげられない事態に・・。

お顔を触られても平気なワンちゃんになってもらうためには、やはり子犬の頃から触られることに慣れさせていきます。

毎日パピーちゃんとスキンシップ、頑張ってくださいね。

もう大きくなっている愛犬は、毎日頭を撫でることから始めましょう。

手を愛犬の鼻先にそっと出し、臭わせて安心したようなら頭へ手をやり撫でてあげます。

頭を優しく撫でて、それからゆっくり耳の後ろを撫でて嫌がらなければ耳の中に指をそっと入れます。

鼻の周り、口、唇を触って、唇をめくって歯を触ります。

優しく根気良く続けてあげてくださいね。

さて、お顔洗いですが、嫌がるワンちゃんに無理をしては可哀想ですから、そういうワンちゃんにはスポンジを使って洗ってあげましょう。

指先に泡立たせたシャンプーを乗せてマッサージの要領で顔を撫でてあげます。

スポンジまたはタオルにぬるま湯を含ませてワンちゃんの顔をパッティングするように押し当てて流します。

シャンプーが残らないよう数回繰り返します。

目の周りは優しくしてあげてくださいね。

 

さいごに

泥んこ汚れを落としてさっぱりしたら、しっかりと水分を拭き取って乾かしてあげてください。

水分を拭き取らず放置なんて事をしていたら、愛犬が風邪をひいてしまいますよ?

ドライヤーの際は、熱風で被毛を痛めないよう離して風を当て、水分が残らないようにしてあげてください。

愛犬が喜んでシャンプーしてくれるようになれば、月に数回のバスタイムが楽しみになっちゃいそうですね!

日頃のブラッシングもおわすれなく、清潔にしてあげてくださいね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ