愛犬が寒い時の散歩で歩かなくなる原因と対処法

寒い冬の時期のお散歩は人間でも身体が凍えて嫌ですね。

犬も同じように寒さでお散歩に行きたくない時もあります。

途中で寒くなって歩かなくなってしまうこともあります。

そんな時に気を付けてあげたい愛犬の身体のチェックと冬でも楽しくお散歩ができる対処方法をご紹介します。

寒い日に歩かなくなる

犬が寒い時の散歩で歩かなくなる原因

極端に寒さが苦手な犬は散歩に行く前から拒否することもあります。

お散歩は大好きでも、温かい室内で快適に過ごしているのに突然、真冬の寒さの中に出て行くのは人間でも嫌です。

犬も同じように「嫌」と感じていることもあります。

寒さに強い犬や、大型犬は比較的寒い日でも雪の中でも喜んで散歩に行ったり、暑さに弱い犬種は冬にはとても元気に散歩ができるから冬がありがたいという飼い主さんもいます。

ですが、寒い日にイヤイヤ散歩に行く犬も、喜んで散歩に行く犬も気を付けてあげなくてはいけないことがあります。

それは犬の肉球です。

犬の肉球はとてもデリケートです。冷え切ったアスファルトの上を人間が素足で歩くことを想像してみて下さい・・・思わず、身震いしてしまいますよね?

犬は常に素足で歩いています。

【公式】INU-LABOとお友達になる

※お友達追加は5秒で完了でき、いつでも友達解除もできます。

肉球は寒さでギュッと固くなり冷たいコンクリートの上を歩くと、傷つきやすくなったり凍傷になりやすくなったりします。

身体は被毛に覆われ、身体を動かすことで被毛がこすれることで間にある空気が温まり身体を寒さから守るための保温になってくれます。

ですが、むき出しになった肉球は守ってあげるものがありません。

寒い日に突然愛犬が足を止めてお散歩を嫌がる時には必ず肉球をチェックしてあげて下さい。

傷や異変がなくても冷たさで痛みを感じていることもあります。

真冬の屋外で人間がずっと氷を握っていると、冷たさで痛痒くなります。

それと同じ事が、犬の肉球にも起きています。

ヘアレスドッグと呼ばれる被毛が少ないか全くない犬種の犬は寒さを肌で直接感じています。

寒い日に外に出るときには洋服を着せるなど身体への対策も必要です。

犬が寒い時の散歩で歩かなくなる時の対処法

まずはお散歩の時間の変更をしてあげましょう。

朝晩の寒い時間帯をさけ、冬でも日中のあったかい時間にお散歩に出てあげましょう。

寒いのが苦手な犬種を無理に引っ張り出すのではなく、室内のドッグランやコンクリートの上ではなく、芝や土の上を歩けるお散歩コースを選ぶなど工夫が必要です。

肉球に痛みを感じていたり、寒さで身体が動かなくなって震えてしまっている時は、身体をさすり温めてあげましょう。

そのままお散歩を続行するのはやめて、おうちに帰り足のケアや身体を温めてあげて下さい。

無理やりお散歩に引きづり出しても、今後お散歩が嫌いになってしまうこともあります。

お散歩が十分にできないことで運動不足やストレスが心配ですが、辛い思いをさせて歩かせるお散歩は犬にとっても大きなストレスです。

室内ドッグランや室内での遊び、食事の管理などに気を付けて寒い冬でも楽しく運動ができ体重の管理をして健康にすごせるように工夫してあげましょう。

さいごに

毎日のお散歩は犬の健康管理には欠かせないことですが、時間帯を変更するなどして寒い季節でも楽しくお散歩ができるよう犬の身体に合わせたお散歩をしてあげましょう。

肉球のカバーには、犬用の靴や肉球を保護するクリームなどもお勧めです。

寒くても元気に走り回ってお散歩が大好きという犬にはぜひ、足のケアをしてあげて下さい。

犬も高齢になってくるとより、寒い日のお散歩が辛くなっている場合もあります。

お散歩の様子や足の運び方などよく観察して無理をさせないようにしましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ