熱中症予防!愛犬が散歩中に熱中症にならない為の5つの暑さ対策

「夏」

それは日本人にとって、毎年乗り越えなければならない厳しい季節。。。

ですが、それ以上に愛犬にとって辛い季節なのです。

そんな中、飼い主さんも頭を悩ませるであろう問題が「散歩中の熱中症」ですよね。

人間同様犬も熱中症にかかり、そして最悪のケースは死に至ることもあります。

我が家の愛犬、フレンチブルドッグもかなり、かなーり暑さに弱いです。

室内ドッグランではしゃぎ回ると、最終的に呼吸が苦しそうになり、「緊急回収」で家に帰り、ありとあらゆる手で体を冷やさせることがしばしば。

「熱い、苦しい」と話せないからこそ、愛犬のシグナルにいち早く気づき、予防策があれば打っておきたいですよね。

今回は、熱中症の原因やかからない為の5つの暑さ対策をみていきましょう。

また、暑い夏に怖いのは熱中症だけではありません。

ですので、熱中症以外の要注意トラブルにいつても合わせてみていきたいと思います。

についてまとめていきます。

そもそもなんで熱中症になるの?

代表的な犬の仕草の一つに、「ハアハアと舌を出して呼吸する」というものがありますね。

これは「パンディング」と呼ばれ、体温調節のために舌を出し、体内の熱を放ち、体温を下げます。

犬は「汗をかけない」(汗線は鼻先や肉球などほんの一部にしかない)ため、呼吸により体温調節を行います。

舌が出ていれば出ている程、「ハアハア」という呼吸も荒く聞こえますので、そのパンディングのレベルにより、今どれだけ体が熱いのかを感じ取ることができます。

しかしパンディングでの体温調節も限界があり、許容範囲を超えてしまうと熱中症になってしまいます。

主な症状としては、
●ぐったりして元気がない
●よだれを多く出す
●呼吸が荒い
●触ると体が熱い
●目が充血している
●食欲がない 等あります。

重症化すると、「下痢」「嘔吐」「けいれん」を起こし、最悪死に至ってしまいます。

散歩中に熱中症にかかる主な原因は?

主に気温の高さや湿度の高さが挙げられますが、一体どのような目安で安全とするべきなのでしょうか?

実は犬と人間では体感温度が大きく違ってきます。

小型犬を例に挙げると、人間との感じる体感温度差は約+6℃もあるといわれています。

地面から近ければ近いほど、感じる温度は高くなりますので、人間が大丈夫だと思っていても犬には辛い環境である場合があります。

人間は30度を越えると熱中症が発症する危険があると言われています。

ですので、+6℃を考慮して人間の体感で25度を目安に犬の熱中症を気使ってあげるといいでしょう。

特にかかりやすい犬種はあるの?

まず犬が熱を放射するために大切な「呼吸」、そして熱をこもらせない「体質」が重要となってきますが、逆にそれらがクリアできていない犬種が、熱中症にかかりやすくなります。

短頭種(いわゆる鼻ぺちゃ犬)

イングリッシュブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグ、シーズー、ペギニーズ、ボストンテリア等

北部原産の被毛が長い、分厚い犬種

シベリアンハスキー、ボルゾイ、秋田犬、セントバーナード、グレートピレニーズ等

犬種に関わらず肥満状態の犬

体温調節機能が未熟な幼犬、また衰えている老犬、病気の犬

散歩中に熱中症にならない為の5つの対策!

わんちゃんにとって、必要不可欠であるお散歩ですが、暖かい季節はやはり熱中症の心配が付きまといますよね。

まず散歩に行く前に、注意する点は、「時間帯」と「天候状況」、そして「愛犬の健康状態」です。

熱中症のリスクが高まる5月〜9月頃までは、なるべく日の低い早朝や夕方以降に行きましょう。

だいぶ日が落ちたな、と思っても地面を触るとかなりまだ熱を持っている場合があるので注意です。

湿度の高さも熱中症の要因となるので、曇っている日でも、湿度に注意が必要です。

そして一番大切なことは、「愛犬が健康であること」。

下痢をしていたりすると、脱水を起こしやすくなっているので、散歩に連れて行ける状態か、見極めが必要です。

ペットショップなどでも色々なグッズが出される等、以前よりペットの熱中症対策が注目されていますが、人一倍、いや犬一倍暑がりな犬を飼う私が有効だと感じた対策を5つ、ご紹介します!

①水を多めに持ち歩く

水分補給や用足しの後始末の目的もそうですが、愛犬が暑そうにしていたら、体にかけてしまいます。

体が濡れることにより、気化熱効果が発生し、体温を下げられます。

ただし顔は嫌がりますので、首から下の箇所にかけます。

またペットボトルから直接や、公園の水道など直接浴びせてしまうと、意外と勢いよくビチャビチャになってしまう他、わんちゃんがびっくりしてしまう恐れもある為、100円ショップなどで売っている、「ペットボトルの口に取り付けられるジョウロ」が便利だと思います。

http://item.rakuten.co.jp/inishienohonoo/10002026/

②うちわを持っていく

水を体にかけた後に、さらに風を当ててあげることにより、体感温度がぐっと下がります。

意外とファンタイプのものは風が弱く、うちわの方が風を送ることができます。

③クールウェア

着るとひんやりと感じられるもので、ベストタイプのものやハーネスタイプ、バンダナなどが多く出されています。

我が愛犬フレブルはこれだけではすぐバテてしまうので、ポケットが背中についているタイプで、そこに保冷剤を入れています。

保冷剤が入るポケット付ウェア」が特にオススメです。

http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/oi13035b/

「体を冷やす」という点でかなり有効です。

④犬用シャーベットを凍らして持って行く

水を飲ませることも大事ですが、やはり体の内側から冷やすという点で「氷」は即効性があります。

ただの氷でも良いですが、やはり持ち運び辛いので、小分けになっている犬用ゼリーを凍らせて、シャーベットにして持って行くのもいいですね。

http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e391915h/

⑤キャリー

出かける時はそうでもなかったのに、急に日差しが照りつけてきて暑くなった、など状況の急変も起こり得ます。

愛犬が暑くて歩けない、また歩かせられない時に、ずっと抱っこして帰れるかというと、小型のわんちゃんなら可能ですが、体重が重くなってくると無理ですよね。(うちのワンコは絶対に無理)

そんな時は、カートに入れて家やお店など涼しい場所を早く目指すことができ、また地面からの照り返しから守ってあげることもできます。

http://item.rakuten.co.jp/chanet/195666/

夏のお散歩、熱中症以外の危険は?

暑い時期のお散歩では、注意が必要な熱中症以外のトラブルとして2点挙げられます。

①足裏のヤケド

暑い時期、外の気温は30℃を超える日が増えますが、地面の温度、特にアスファルトの上は50℃、更に60℃にまで達することもあります。

日が傾いた夕方であっても、想像以上にまだ熱を持っていることがあるので、念のため地面を手で触って確認する必要があります。

②紫外線による白内障

白内障は人間の病気だと思われがちですが、犬にも起こる病気です。

紫外線を長時間浴びると、白内障を起こすリスクが高くなります。

紫外線の多い、日差しの強い時間帯はやはり避けるべきですね。

まとめ

犬を飼い始めた時は色々なことが心配になり、些細なことでも注意しますが、長年共に過ごすと、慣れも生じ、自己流で犬の飼育を行う方も増えてきます。

犬にトラブルが発生して初めて、人間目線で勝手に判断していたことに気が付くことも。。。

夏の散歩は、なるべく早朝、日の落ちた後に行い、温度のみならず湿度にも注意が必要で、こまめな休憩をとり体を冷やす工夫をしましょう。

そして最後に、体調を見て、無理に散歩をさせないようにしましょう!

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

One Response to “熱中症予防!愛犬が散歩中に熱中症にならない為の5つの暑さ対策”

  1. […] →熱中症予防!愛犬が散歩中に熱中症にならない為の5つの暑さ対策 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ