犬の血便!下痢や嘔吐もある場合は病気の危険も…

あなたは愛犬の排泄した便を見ていますか?

犬の便は健康のバロメーターと言えます。

そんな愛犬の便(ウンチ)に血が混ざっている、いわゆる”血便”が見られたら…

焦ってしまいますよね?

それでは気になる犬の血便は病気のサインなのか、そして正しい対処法についてお話していきます。

犬の血便って大丈夫なの?

基本的に愛犬のウンチに血便が続くようでしたら、早く動物病院に連れていくことをオススメします。

ただし、、、

  • 犬が元気にしている
  • 血便が続いていない

のならばまず落ち着いて行動しましょう。

ウンチが硬くてお尻が切れてるだけの場合も

固いウンチをする時に粘膜を少し痛めて血が付いた場合であれば、心配はいりません。

その場合は、便が軟らかくなるようなもの食べさせたり、食事の量を減らし、回数を増やして与えてみたりして様子を見ます。

環境の変化などによるストレス

そして犬も食べ過ぎ、ストレス、食べ慣れないものを食べたなど、病気ではなくても胃腸の調子が悪くなる時があります。

環境が変わったり、新しいペットがきたり、フードを切り替えたりしていませんか?このようなことが原因で消化不良を起こしたり、消化液の分泌が多過ぎたりして、腸に負担がかかると血便が出る場合もあります。

判断が難しければ迷わずに病院へ行きましょう。できれば犬の便を持っていくことをオススメします。

 

考えられる病気は?

血便とは便に「血」が混じっている場合ですが、原因となる疾患は様々です。

便の形状、血の色、便への血の付着具合によって、犬の血は大きく3種類に分けられます。

違いをよくチェックして見てください。

便の周りに赤い血がついている

便が出来た後から周囲に付着していることから、出血してから間もないことがわかります。

出血の場所としては大腸の後半から肛門までの間が予想され、肛門嚢の炎症、腫瘍、肛門周囲瘻、肛門狭窄、会陰ヘルニア、直腸脱なども考えられます。

出血がひどい場合「貧血」になる可能性もありますので出血の量にも注意しましょう。

便のに血が混ざっている

便の中に血が混じっている場合は、便になる前の段階、小腸や大腸前半部分での出血が考えられます。

便が下痢状だったり、匂いが強い場合は特に注意が必要です。炎症性腸疾患、腸閉塞、腸重積、突発性大腸炎、腫瘍、寄生虫、ウイルス感染、腫瘍、異物の誤食・誤飲による腸管の傷や炎症が考えられます。

黒い血が混ざっている

どす黒い色の血が混ざっていたり、ねばねばした血がついていることがある黒い血便は、早急に病院へ連れていってください。

出血の場所は小腸よりも前の口腔や食道や胃で、消化酵素の影響で血が黒く変色しています。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの他、まれに、食道からの出血が考えられます。

非常に”危険度”が高いです。

消化器官のどの部位で出血が起こっているのか予測しますので、便を持っていくと診断がしやすいです。

飼い主の情報や犬の状態を合わせて判断し治療していきます。

合わせて下痢の症状がある場合

同時に下痢をしている場合は、下痢のため便で肛門が擦れ出血している可能性があります。

また、固すぎる便も肛門を傷つけます。

また、犬の場合、急性の大腸炎で下痢をすると血便が出ることがあります。

一過性の大腸炎の場合には、絶食で完治することが多いので、元気な場合にはまずは絶食をさせましょう。

合わせて嘔吐の症状がある場合

嘔吐の症状がある場合は注意しましょう。

感染症や異物が詰まっている場合、嘔吐と一緒に、トマトケチャップのような血混じりの下痢をすることがあります。

吐いたものに異物が混じっていないかも確認し、病院に行くときには吐いたものも一緒に持参しましょう。

継続して嘔吐する場合など命に関わる可能性もあるのですぐに病院に行きましょう。

その他の血便

血便を起こさせてしまう原因で以外に多いのはネギ中毒です。

犬にネギや玉ねぎ、ニラ、ニンニクは与えてはいけません。 人が食べる加工食品の中にもネギ類が含まれている場合がありますので注意してください、

犬にも個体差があり、ネギ類を食べても命に関わらない場合もありますが、ネギ属の食べ物は与えないようにしましょう。

対処法

原因が便秘や下痢によって肛門が擦れている場合は食べ物の硬さや、水分などに注意しましょう。

その他の血便(下痢、嘔吐を伴うもの)は、どれも日頃の食事が原因の場合がほとんどです。

賞味期限が切れているフードなどは目に見えない細菌が発生している可能性があり、大変なことになったというケースも多く見られます。

そして散歩などに行った時に、拾い食いをしたり、虫などを食べてしまうこともあります。

虫には寄生虫がいる場合もありますし、重大な病気に発展する可能性もありますので注意しましょう。

誤飲・誤食を防いだり、食べ物に気をつけ胃腸炎や、大腸炎を予防していきましょう。

まとめ

犬の血便の原因や病気、対処法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

血便は危険な病気の場合があります。普段から犬の便の状態を確認するように心がけましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ