愛犬と海水浴に出かける際の注意点!海水は飲んだら危険?

輝く太陽、どこまでも広がる海原、抜けるような青い空!

夏の楽しみは、何と言っても「」ですよね!

愛犬にも、この海遊びの楽しみを体験させてあげたい・・・
愛犬と海水浴に出かける際の注意事項を考えてみましょう。

inu-umi

愛犬と海水浴に出かける際の注意点

場所による注意点

犬連れ許可の海水浴場であること

犬の入場を許可していない海水浴場もありますから事前に確認が必要です。

ドッグビーチ」と銘打っている場所が無難でしょう。

子どもの玩具に注意

犬連れOKの海水浴場は、
家族連れ、幼い子どもも利用しています。

愛犬が幼児用の玩具等(ビーチボールや浮輪)に反応して、
思わぬトラブルにならないよう気をつけましょう。

人の少ない海水浴場の端で愛犬を遊ばせましょう。

釣り人に事前に挨拶すること

磯や砂浜で遊ばせる場合、磯釣りや浜釣りを楽しんでおられる方々もおられますので、犬を遊ばせてもよいか声をかけておきましょう。

釣針が引っかからないとも限らないし、犬が騒ぎ漁場を荒らされるのを嫌う釣り人もいるので、人のいない場所を選ぶ方が無難です。

天候、時間帯を考慮すること

人が海水浴をするには晴天の日中が楽しめますが、犬の場合は違います。

できれば早朝や曇りの日を選び、
愛犬が熱中症等にならないよう考えたいです。

紫外線は犬の皮膚、被毛にもダメージを与えます。

【公式】INU-LABOとお友達になる

※お友達追加は5秒で完了でき、いつでも友達解除もできます。

愛犬のために十分な準備物を用意すること

水や氷とタオル

普段の外出時も、いざという時のために水は用意しておきたいものですが、海で泳がせた後に愛犬を洗ってやる大量の水の用意が必要です。

海水浴場のシャワーは、使えないと思っておいてください。

海水を浴びてそのままにするのは皮膚炎等、皮膚や被毛のトラブルのもとですから、必ず真水で体を洗い流してあげてください。

目も水か精製水で洗ってあげてください。

そのためには大量の水が必要になります。

飲み水用に氷もあるとなおよいでしょう。

愛犬の体を水で流す際、被毛も流れていきますから、海水浴場を汚さないよう気をつけましょう。

タオルも多めに持って行きましょう。

パラソル

焼けた砂浜に日陰を作るパラソルも準備したいものです。

但し、海水浴場によっては、パラソルの持ち込み禁止の場所もありますから注意してください。

その場合、日陰の桟敷席を借りてあげてください。

ライフジャケット

犬かきで泳ぎは得意と思われるでしょうが、海水浴場以外で遊ばせている場合、潮の流れが急で沖に運ばれてしまうこともあります。

思わぬ事故を防ぐため必ずライフジャケットを着装しましょう。

リード及びマナーベルト

砂浜を汚さない配慮のため、リード、マナーベルト着装を義務付けている海水浴場もあります。

ロングリードを用意して泳がせるのもよいでしょう。

泳ぐ時ノーリードの場合、岸に上がってすぐにリードを着装できるよう、日頃から呼び戻しの訓練をしておきましょう。

 

○愛犬の体調を考慮すること

愛犬が体調万全の日を選んで泳ぎに連れて行ってあげてください。

万が一のため、近くの動物病院の所在を確認しておくといいでしょう。

現地では以下の怪我等に注意してあげてください。

パッドの火傷

焼けた砂浜は非常に高温になっていますので、
パッドの火傷に注意してください。

愛犬を遊ばせるのは早朝か曇天の日がよいでしょう。

熱射病

真夏の暑い時期です。

必ず日陰で休ませる時間を作ってください。

脱水症状

暑い季節ですから飲み水を用意して、
脱水症状になるのを防いであげましょう。

車中熱中症

海水浴の行き帰りの道中、
愛犬を車内に残して車を離れる行為は厳禁です。

短時間でも車中温度は高温になり、
熱中症の危険があります。

岩場での怪我

海水浴場のドッグビーチ以外の岩場では、
貝殻や岩でパッドを切る怪我に注意してください。

また釣り人の残した釣針で怪我を負うこともあります。

異物を誤飲しないよう気をつけること

海水浴場や砂浜には、
普段以上に色々なものが落ちています。

焼鳥の竹串や子どもの菓子類・・・
愛犬が拾い食いしないよう気を配りましょう。

喉が乾くのか海水を飲む犬もいますが下痢をします。

飲み水を用意して、こまめに給水してあげましょう。

海水は飲んだら危険?

犬が誤飲した時、現在は内視鏡で胃から取り出しますが、かつては吐き出させる手段として「塩水を飲ませる」というのがありました。

塩水を飲むと嘔吐するからです。

潮干狩りの貝を海水と同じ濃度の塩水に浸けて潮を吹かせますよね?

あの塩水は1リットルの水に40gもの塩を入れます。

そのように海水はかなりの塩分濃度なのです。

犬はあまり汗をかかないので塩分は必要としません。

多く摂取すると心臓や腎臓に負担がかかってきます。

海で遊ばせて海水を大量に飲み、しばらくして体が震え、食欲不振、嘔吐の症状が出た例もあり、「刺激の強い海水を飲み、胃が炎症を起こしている」と診断されています。

海で泳がせる時は必ず飲料水を用意しておきましょう。

海水を飲んで下痢の症状が出ることもよくあります。

水便(水状の便)で、水分を出してしまいますから脱水状態になります。

遊んでいて喉が乾くので海水を飲む、
飲むと塩分過多で喉が乾きまた海水を飲む・・・

この繰り返しでじきに下痢が始まり、
更なる脱水状態になってしまうのです。

こまめに休憩時間をとって日陰で休ませてやり、海水で水分補給をしなくてよいよう、冷たい水を飲ませてあげてください。

さいごに

愛犬と海水浴に出かける際の注意点、お役にたちましたか?

事故がないよう準備万端ととのえて、
青空の下、愛犬との海遊びを楽しんでください!

帰宅後は愛犬をシャンプーで清潔にしてあげて、
怪我がないか確認してあげてくださいね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ