春や秋に愛犬の目に充血や目やにが増える症状がある時は花粉症が原因?

愛犬の目の充血、目やに、季節によって症状があらわれるのは「花粉症」の症状かもしれません。

人間と同じように「花粉」にアレルギーをもつ犬もいます。

愛犬の目に充血や目やにが増える症状がある時の原因を知りましょう。

愛犬が苦しそうにしているのなんて、見てられないですからね!

犬の花粉症001

春や秋に愛犬の目が充血するのは花粉症?

犬も人間と同じように「花粉」がアレルゲンとなり、アレルギー反応をおこすことがあります。

春の花粉症

この頃に飛散するスギ花粉、ヒノキ花粉の影響をうけてアレルギー症状がでる場合があります。

ですが、春ごろにおこる目の充血や目やにの増加は、ノミダニの影響も考えられます。

目の粘膜にもノミダニはつきやすく目が真っ赤になってしまって、目やにが大量に出てしまったというケースも少なくありません。

ノミダニはとても小さく注意深く見ても肉眼で発見できない場合もあります。

外出した後に目の充血が始まり、涙がたくさん出ていたり、目やにが増えていないかをチェックしましょう。

秋の花粉症

秋にはキク科や雑草類、ブタクサなどの花粉の影響をうけてアレルギー症状が出る場合があります。

1年を通してさまざまな花粉が飛散しているので、春と秋にだけ症状があらわれるのは、季節的にもっとも多い花粉の影響をうけていることが考えられます。

花粉症以外にも春から夏にかけて、繁殖活動が活発になるノミやダニの寄生によるアレルギー反応、ハウスダストやホコリによるアレルギー反応も考えられます。

犬の花粉症の症状

季節でおこる花粉症の症状が、目の粘膜にあわられて充血や目やにを引きおこしていることが考えられます。

目やには花粉症の直接的な症状ではありませんが、粘膜に炎症をおこすことで、目やにが増えます。

また、目の周りの皮膚にかゆみがあり犬が自分で目をかいてしまうことで、傷がつき炎症をおこして目やにが増えてしまうこともあります。

目の充血も同じように「花粉」によるアレルギー反応でおこっている場合があります。

同じ症状であっても、「花粉」以外の原因の場合もあります。

  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 逆さまつ毛
  • ジステンバーウィルス感染症
  • 内臓疾患

犬の目はとてもデリケートで症状があらわれやすい場所でもあります。

細菌の感染、内臓疾患など花粉症を原因とする症状の他にも、目の充血や目やにはさまざまな病気のサインの場合がありますので、注意が必要です。

毎年、決まった季節にだけおこる症状であればその季節の花粉の影響をうけている可能性が高くなります。

通年を通して症状があり、決まった季節にだけ症状が悪化するようであれば、たくさんのアレルゲンによる影響を強くうけていることが考えられます。

普段から与えているフードに含まれるアレルギー物資があって常に目の充血や目やにがあり、決まった季節になるとその症状が悪化するなどの場合には、食べ物、花粉の両方のアレルゲンによる影響を強くうけています。

さいごに

近年、犬のアレルギーが増えたといわれています。

犬が花粉症?と思われる方も多いと思いますが、珍しいことではありません。

花粉症以外にもたくさんのアレルゲンを原因とするアレルギー反応があらわれる場合があります。

アレルギーに対しては、極力アレルゲンに近づかない生活を心がけるしかありません。

花粉はどこにでも飛散してしまいますが、室内を常に清潔に保つことで症状を軽く抑えることもできます。

空気清浄機などを置いて、室内の花粉をできるだけ除去するようにしてあげるようにしましょう。

目の充血や目やには季節的に症状があらわれ、症状が無くなるというサイクルを繰り返しているのであれば、まずはアレルギーの原因を特定することが大切です。

病院で検査を受けましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ