愛犬が花火の音を怖がる時の安心させてあげる対処法

犬の苦手な音といえば、雷や電車、花火などいろいろあります。

愛犬が怯えるたびに、飼い主さんとしては「なんとかしてあげられないものか」「怖くないんだと教えてあげたい。」

でも、なかなか解決しそうにないから悩んでしまうんですよね。

今回はそんなあなたのために愛犬が音で怖がるっている時の対処法を紹介します。

花火こわい

なぜ犬は音で怖がるの?

 突然の大音量

突然大きな音が響いたら、人だってビックリしますよね?

交通事故や事件があったときにニュースのインタビューで「何が起きたか分からなくて怖かった」「何かが爆発したと思った」「身の危険を感じた」などと答えていますよね。

ただ、雷や花火の音はもちろん嫌いな人も多いですが、「これは花火の音」「雷の音」と知っています。

怖いけれど、しばらくすれば消えるとも知っています。

でも、犬にはそんなこと知りません。

「怖い、怖い、怖いよ~」と訴えるしかないのです。

聞く機会が少ない

花火はほぼ季節限定で、聞く機会はあまりありません。

花火を自宅近くで楽しむのも子どもたちの夏休み頃です。

ロケット花火の音を聞くのもほぼ限定されているのではないでしょうか。

雷も夏が多いですが、年中発生するので聞く機会としては花火のほうが少ないです。

普段からよく聞く音に対しては慣れやすく、その音がしてもたいしたことは起きないということを知っています。

だから怖がることもなく、平気でいられるのです。

予測不能で見えない

例えば、人は近くで花火大会があるという情報を知っていたり、遊園地などで連日花火があることを知っていれば、「ドーン」という大きな音が聞こえていたら「今日は花火の音だな」とだいたい判断できます。

犬にとってはこれも分かりません。

どこからその音がしているのかも分からない。

だから犬にとっては、 “正体不明の大きくて怖い音”と判断してしまうのです。

安心させてあげる対処法

褒め言葉で励まさない

褒め言葉で励まさない!と聞いて、かなりの方々が「??????」と思っているでしょう。

怖がっているのに励まさないなんて…。

愛犬が飼い主さんの望んでいる行動をしたときに褒めるのは大切です。

しかし、怖がっているのに「イイコ」「ヨシヨシ」など普段に使っている褒め言葉を怖がっているときに励ますのはかえって怖がりを強めてしまいます。

励ましてあげることで、「怖がっていい、怖がるのが正しい行動」という癖がついていくのです。

音慣れトレーニングのCDを活用

日常生活によくある音を収録した効果音CD「WANモアレッスン・インドア編」、「WANモアレッスン・アウトドア編」が犬の音慣れしつけ用のCDがペットショップ等で販売されています。

※通常のCD・DVDショップではあまり見かけませんのでネットでの購入をおすすめします。

このCDには、犬が苦手な音になりやすい音が収録されていて、普段の食事中や知育おもちゃで遊んでいる間に気にならない程度の低いボリュームでかけて使います。

実際のしつけ教室でも使われているほど、人気のしつけ教材です。

メンタルキャパシティの強化トレーニング

その場しのぎよりも「怖くない」という気持ちを育んでいくほうが愛犬の心の負担は減っていきます。

子犬の生後数ヶ月程度のころにトレーニングを受けると、何にでも興味があって警戒心が薄いので「怖くない」と思えるようになります。

それ以降は見知らぬ物や音への警戒心が強くなっていくので、慣れにくいです。

でも、トレーニングを根気よく続けていけば無理ではないのですよ。

多くのドッグトレーナーが推薦する本を紹介します。

向こうが見えないような暗いトンネルをくぐらせたり、足元の悪いはしごを渡らせることで、不安定感や恐怖感を克服する癖をつけさせることができるのです。こんな悪状況でも、なんとかやり過ごせる、という自信をつけてあげることで、犬の脳の中で、ひとつの思考回路ができあがります。それをメンタル・キャパシティと私は呼んでいます。これがあれば、たとえ日常の中で慣れない状況や物事に遭遇しても、ストレスに陥って、精神が完全に遮断することがなくなるのです。
まわりの状況が見えなってしまうと、犬は防御せんと、攻撃行動に訴えやすくなります。メンタル・キャパのある犬であれば、ストレス状況になんとか自力で対応しやすくするし、「必ず自分は助かるんだ」という信念があるのです。

ビール缶カーテンでキャパシティを上げる 施設のトレーニング道具のひとつ。ビールカーテン。私が勝手に作り出したものだが、この間をくぐらせるのは、犬の精神力を鍛えるのにとてもよい。なにしろくぐるときに、ガラガラと金属音がする。ゆらゆらゆれている。おまけにそれが体を触る。これらが一度にやってくる。そんな気持ちの悪い思いをしても、「実は何でもないことなんだ」「音なんかへっちゃらだ」と犬に覚えてもらう。

いきなりくぐずらせずに、まずは音に慣らすことからはじめた。私がガラガラと音をたて、そのたびに飼い主がトリーツを与える。
犬にもよるのだが、この訓練を受けた数々の犬たちは、花火や雷の爆発音にも強くなれた。

缶カーテンの間を怖がらずに楽にもぐれるようになった頃を見はかり、花火や雷音のテープを聞かせながらこのカーテンをくぐらせる。すると、本当の雷音を怖がらないようになったのだ。

詳しくはこの本で写真をいっぱい使って解説しているので、読んでみてくださいね。

さいごに

犬の寿命も長くなってきました。

「怖くない」「このくらい平気」と思えるようになれば、色々な場所へ一緒に行くこともできますよね。

楽しく愛犬との時間を過ごすことができるようになります。

飼い主さんがその場しのぎの対処法を知るよりも、一生涯のことを考えて愛犬自身が「怖くないんだ」と受け止められるように飼い主さんが機会をたくさん与えてあげて下さいね!

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

One Response to “愛犬が花火の音を怖がる時の安心させてあげる対処法”

  1. […] (愛犬が花火の音などに怖がってしまう場合は、こちらの【愛犬が花火の音を怖がる時の安心させてあげる対処法】記事を読んで見てください。) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ