犬の鼻が湿っているのは汗?それをペロペロするのはなぜ?

犬の不思議のひとつが鼻が濡れていることですね。

人は鼻水が出ていないのが健康の印です。

「風邪を引いたのかしら?」
と心配してしまう飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね。

今回は気になる犬の鼻についてお話しします。

犬の鼻湿ってる

犬の鼻が湿っているのは汗?

犬の鼻は通常は湿り気があり、
触れるとひんやりしているのが分かります。

これは目から流れてくる涙が少しずつ鼻の方へ流れているからです。

人と共通で涙は涙腺という部分で作られて、目の表面を乾燥しないように守っています。

涙の出口は鼻の中につながっています。

次に鼻の粘膜を湿らせます。

人の鼻の粘膜は奥にしかありませんが、犬は鼻先まで粘膜でできているのです。

鼻が濡れているからできる犬のスゴ技

犬鋭い嗅覚は、警察犬が同じ臭いの物を選んだり追跡する、災害救助犬ががれきの下にいる人を感知して知らせるのに役立っています。

嗅覚を感じる細胞の数が人と比べると圧倒的に多いです。

同様に表面積も広くなっています。

わずかに感じ取るの理由はこれだけではありません。

鼻先まで湿り気があると、
さらに匂いの粒子をキャッチしやすくなるのです。

鼻をペロペロする理由

鼻は乾くこともある

眠っているときは起きているときと比べると少し乾燥しています。

なので、寝起きは自分で舌で鼻先を舐めて濡らすこともあります。

よ~く嗅ぎたいときは起きているときでも自分で舐めて濡らすのです。

ヒビが入るほど乾燥したり鼻水が出ていたら病気の可能性があります。

気持ちを落ち着かせたい時

犬自身が不安な気持ちになったり、
緊張したりすると心理的な要因で鼻先を舐めることがあります。

カーミングシグナルと呼ばれるものの一種で、鼻をペロペロ舐める動作で気持ちの表現をしています。

不安、緊張したときに鼻を舐めるのと同時に自分の気持ちを落ち着かせようとしています。

鼻ペロペロは合図?やめさせなくて平気?

気持ちを伝える合図

状況によっては、犬や人に対して「落ち着いてほしい」という気持ちも伝えるために鼻をペロペロ舐めて表現します。

カーミングシグナルにはいろいろな種類があり、「嬉しい」「怖い」「遊ぼう」と言葉にはできないことを相手に知らせます。

犬は言葉がありませんが、コミュニケーションをしようとしているのです。

できれば他のカーミングシグナルの勉強もしてくださいね。

「嫌だな〜」の合図

しつけやブラッシングの途中や飼い主さんの様子を見て、ペロペロ舐めていることがあります。

犬からは「そろそろ飽きた」「もうやめよう」と伝えようとしています。

このような場面になったら、鼻をペロペロ舐めるのを止めさせるのではなく、しつけを中断する・ブラッシングをそれ以上はしない等、不快な状況から飼い主さんの判断で離れてあげましょう。

病気の疑いがある場合も

普段より多く鼻水が垂れている。
鼻水に膿のようなものが出ている。
鼻水に血が混じっている。

鼻水以外の症状がある等は健康的な状態ではありません。

不自然な鼻水や鼻水の色を見たら病院へ連れて行くことをお勧めします。

さいごに

犬は鼻が湿っているのは、わずかな匂いをかぎとることに役立てています。

汗で鼻水が濡れていたり、
垂れているようなことはありません。

犬は汗をかくことができる部分がとても少ないです。

鼻で体温調節することはできません。

ペロペロ舐めているのは、「もっと臭いをかごうとして自分で鼻先を濡らしたいとき」、「自分の気持ちの表現をしたいとき」に見せる行動ですので、やめさせないでください。

湿っているからと拭き取る必要もありません。

鼻水が垂れて気になることがあれば、
獣医師に聞くのが一番です。

愛犬にとっての通常を知ってあげてくださいね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ