犬の食べたエサ箱が唾液でぬるぬるしてるのは病気のサイン?

愛犬の食器がヌルヌルしていることに気が付いたことはありませんか?

犬の唾液がヌルヌルするのは病気のサインなのでしょうか?

今回は犬の唾液がぬるぬるする原因と考えられる病気についてご紹介します。

inu-easa

犬の唾液について

犬の唾液には消火液としての働きの他に口腔環境を維持する働きがあります。

洗浄、抗菌作用の他に口腔内の湿潤を保つことで発生が円滑になるようにする作用があります。

人の唾液には澱粉を分解するアミラーゼが含まれていて消化に関係していますが犬や猫の唾液には含まれていません。

犬の食器がヌルヌルしてしまうのはなぜ?

健康な犬は口臭がありません。

手を舐められて直ぐ匂いを嗅いでもヌルヌルしたり匂いがすることはありません。

舐められたエサ箱を時間が経ってから水で洗い流そうとするとヌルヌルとしてなかなか落ちないのは、舐められた唾液に菌が繁殖しているためです。

ですが口内環境に異常がある犬の口臭はきつく、唾液もヌルヌルとしています。

犬の唾液は細菌繁殖しやすく、口内環境が崩れている犬は口の中で繁殖している菌が唾液の中に混ざり食器に付くことでヌルヌルになってしまいます。

そのまま放置してしまうとさらに粘着質な汚れとなって落としづらくなります。

また、健康な犬であっても食べ終わった食器を放置しておくとヌルヌルとしてくることがあります。

ですが健康な犬の唾液は、基本的にサラサラとしていて匂いがありません。

病気のチェック

口内環境のチェックをしてみよう

まずは口臭があるかどうかをチェックしましょう。

菌が繁殖している犬の口臭は発酵臭のような生臭い匂いがします。

歯の周りに歯石や歯垢がたまっていないか、”歯肉炎“や”歯周病“になっていないかをチェックしましょう。

消化不良をおこしている場合にも口臭がする時があります。

また、人間の食べ物ばかりを食べている犬は食べ物の影響で消化不良をおこしやすくなったり、歯石や歯垢がたまりやすく口臭がする場合もあります。

こまめな歯ブラシや、歯石の除去などで口内環境を整えることで唾液のヌルヌルを改善することができます。

犬が使った食器は菌が増殖しやすく、落としづらくなるので食後は放置せずにすぐに洗いましょう。

犬のエサ箱が唾液で頑固なぬるぬる汚れの落とし方

ヌルヌルになっている犬用の食器は洗剤で洗ってもなかなか綺麗に落とすことができなくなります。

そんん時には、酢水につけてからこすって洗うと綺麗に落とすことができます。

また、熱めのお湯につけてから洗っても綺麗に落とすことができるようです。

市販のクエン酸の食器洗いやクリーナ、メラミンスポンジやたわしで洗うと簡単に落とせます。

食器の素材選び

ステンレスや陶器などを使うと、犬の唾液のヌルヌル汚れが楽に落とせるという飼い主さんも多いようです。

プラスチックの食器はヌルヌルが落ちにいという意見が多いようですね。

さいごに

犬の唾液は菌が増殖しやすいので、食事のたびに清潔な状態にしてあげましょう。

汚れを落としきれていない食器を使っていては口内環境を整えても、食事と一緒に不要な菌を取り入れてしまいます。

とくに夏の時期には菌の増殖スピードも早いので注意が必要です。

ヌルヌルになった犬の食器には菌が繁殖していますので、犬の食器を洗うスポンジと人間用の食器を洗うスポンジは分けましょう。

また、お水を入れたまま何時間も放置しておくと唾液によってヌルヌルとしてしまいお水が濁ってきます。

お留守番が多いおうちでは、何時間もお水が放置されてしまいますが、できるだけいつも新鮮なお水を飲める環境を整えて水飲み用の食器のヌルヌルも綺麗に洗うようにしましょう。

愛犬の健康管理のために食器やお水も清潔に保って美味しいご飯、美味しいお水をのませてあげましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ