犬の歯磨き!効果のある歯磨きシートの選び方

あなたは、犬のデンタルケアは何をお使いですか?

犬のデンタルケア用品には、様々な種類があり、代表的なのは、歯磨きペーストやジェル、デンタルガム、歯磨きシートなどがあります。

その中でも歯磨きシートは、歯磨きトレーニング中から、歯磨きを難なくできる犬まで幅広く使える、大変重宝するデンタルケア用品なのです。

今回はそんな歯磨きシートをご紹介していきます。

そもそも歯磨きはした方がいいの?

そもそも「犬に歯磨きって必要なの?」なんて、思ったことはありませんか?

犬が野生でいた頃は、当然歯磨きなどしませんでした。

じゃあなぜ、飼われている犬に歯磨きが必要なのでしょうか?

歯磨きをしないでいるとどうなってしまうのでしょうか?

歯磨きが必要な理由

飼われている犬は、野生動物と違い、ドッグフードや手作りの加熱した食品を食べています。

それは、野生の生の食物と違い柔らかく、時に糖分を含むため、歯の表面や歯の間に食べカスや歯垢が溜まりやすく、それが原因で歯周病になります。

同じ動物でも野生と飼われている動物とでは、食生活が全く違うのです。

また、犬の歯周病は人の場合より深刻で、治療は全身麻酔が必要になります。

まず、歯周病を放置することで起きる症状を3つ紹介します。

1.口臭

歯垢や歯石が溜まっていくと、そこに潜む細菌やバクテリアは何億という数です。その細菌やバクテリアが原因で、犬の口は臭くなっていきます。

2.食事の時、歯を痛がる

もともと犬は、虫歯になりにくいとは言われていますが、歯垢や歯石に潜んでいる細菌やバクテリアは、歯をも痛めつけます。

虫歯が進行してくると、食べる時に痛みが出るので、食欲が減退していきます。

ひどくなると歯茎が腫れ、外から見ても、頰が腫れて見えることがあります。

3.病気の原因にも…

歯垢や歯石に潜む細菌やバクテリアが歯周病を引き起こし、それらの菌はやがて全身へ回り、心臓病や腎臓、肝臓の病気の原因になることがわかっています。

これらの恐ろしいことが起きないために、犬の歯磨きは重要なわけです。

犬の歯磨きデビュー

歯磨きの重要性はわかりましたが、実際では、歯磨きはどうやって始めたらいいでしょうか?

最初から無理やり口を開かせて〜と強引にやってしまうと、犬は間違いなく怖がり、慣れるどころか、頑なに嫌がるようになりますので、歯磨きトレーニングは順を追ってゆっくりしなければなりません。

歯磨きトレーニング方法

STEP:1
犬の口周りを触れるようにする。マズルを触っても嫌がらないようにします。

STEP:2
犬の口に指を入れられるようにします。

STEP:3
犬の口に指を入れ、歯茎を指で撫でれるようにします。

STEP:4
歯磨きペーストを塗った手で、歯を撫でれるようにします。

STEP:5
ガーゼ(歯磨きシートでも可)を手に巻き、歯を撫でれるようにします。

STEP:6
歯ブラシを犬に預け、遊ばせます。噛んでも何をしても大丈夫です。

STEP:7
歯ブラシに歯磨きペーストを塗り、歯磨きを試みます。

歯磨きのポイント最初は一気にせず、奥歯だけできたら終了で、翌日に繰り越します。

それを少しずつ繰り返し、最終的には歯全体を1回に磨けるようにします。

各ステップで、犬は素直にやらせてくれるとも限りません。

休みながら、少しでもできたら思い切り褒め、オヤツをあげながらなど工夫させ、犬が嫌がったら強要せず、ゆっくりトレーニングします。

また、歯磨きの後に、歯磨きガムをあげてもいいですよね。

嫌な歯磨きの後には、美味しい歯磨きガムが待っていると思えば、犬のやる気につながります!

ちなみに、うちの犬がまともに歯磨きをできるようになるには、2ヶ月くらいかかりました。

今でも得意ではありませんが、歯磨き後の歯磨きガムの為、日々頑張ってくれています。

歯磨きシートでも意味はあるの?

歯磨きトレーニングでも活用できる歯磨きシートですが、それ自体、どれだけ効果があり、使う意味はあると思いますか?

答えは、「効果あり」です。

もちろん、歯ブラシと併用して使うことで、効果は増しますが、歯磨きシートで歯の表面をキレイに拭くことで、ある程度汚れが取れますので、何もしないことに比べたら、雲底の差です。

また、ほとんどの歯磨きシートは、ただのウェットシートではなく、マイクロファイバーを使用しているので、拭くだけで歯の表面はツルッとなるくらいキレイに汚れを拭き取ります。

ただ、歯間や細かい部分までは手が届かないので、やはり歯ブラシと併用がいいのです。

歯磨きシートの活用法

歯磨きシートは、シートを指に巻きつけて、歯と歯茎を拭いていくのですが、ただ、シートを使用する以外に、シート自体に歯磨きペーストを付けて使う方法もあります。

その際は、歯の表面はもちろんですが、歯茎の方も優しくマッサージするように拭いていくと効果的です。

慣れてきたら、その勢いで歯の裏側も拭けるようになったら完璧です。

おすすめの歯磨きシート

一言に犬のデンタルシートといっても、種類は様々です。

今回は私がおすすめする歯磨きシートをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

VET’s DOCTOR SPEC デンタルシート

この歯磨きシートはライオンから出ているシートになります。

歯磨きといったらライオンは有名ですよね。歯磨き嫌いな犬にも、歯磨き後の仕上げにもどちらの目的で使っても評判がいい商品です。

ふしみ和紙アート研究所 ワンコ歯石トルン

和紙に、ゼオライトとトルマリンをすき込んだ歯磨きシートです。

ゼオライトやトルマリンは、除菌や有害物質などを除去してくれる効果がある石といわれています。

自然の力で犬の歯をキレイにします。

John Paul Pet(ジョン ポール ペット)オーラルケアシート

FIDO FRIENDLY誌2010年ベストペット商品賞受賞している、歯磨きシートです。

とにかく安全を第一にして作られていて、人が使って安全性を確認しています。

歯、舌の汚れ、歯茎をキレイにできます。

まとめ

今回ご紹介したように、犬は歯周病が原因で、心臓や腎臓など命に関わる病気につながることがあります。

逆に言えば、そういった病気を防ぐためにも、歯磨きはとても大切な日課になります。

歯ブラシで歯磨きすることを最終目標にし、まずは、歯磨きシートなどを使って、できることから少しずつデンタルケアをしていきましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ