犬の鼻水が【黄色・透明・血混じり】症状別の原因と考えられる病気

犬の鼻は、「適度に濡れているのが健康の証」と言われていて、常に濡れているのが普通の状態です。

ですが、スタスタと鼻水が垂れていたり、黄色や緑のネバネバした鼻水が出たり、出血が混じる場合は、人と同じように病気からくる鼻水の可能性が高いです。

季節の変わり目や、寒い冬の時期などは鼻水が出やすくなりますので、その鼻水が健康的なものなのか、病的なものなのか、飼い主としてきちんと見極める必要がありますね。

軽く見られがちな鼻水ですが、症状によっては重大な病気のサインである事もあります。

image

犬の鼻水が透明のときに考えられる病気

透明な鼻水がスタスタと垂れてくる、主な原因は以下の2つが考えられます。

アレルギー性鼻炎

まず、ひとつめはアレルギー症状からくる鼻水です。

何に対してアレルギー反応を起こしているかは個体によってそれぞれですが、主にハウスダストや花粉症などに対してのアレルギー反応である事が多いと考えられます。

アレルギー性鼻炎のときの対策

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルギーの原因を調べる検査を行うのが確実です。

ですが、検査をしていなくてわからない場合は空気清浄機や加湿器をおいてあげる事によって、空気中に飛散するアレルゲンを減らし、症状を緩和させる事が出来ます。

初期のウイルス感染症

次に考えられるのは、初期のウイルス性の感染症です。

主な感染症としては風邪や犬ジステンパー、ケンネルコフなどがあります。

鼻水がサラサラとした透明の状態であれば、暫く様子をみても大丈夫ですが、その後も良くならずに更に進行していくと、黄色や緑色の鼻水へと変化していきますので、経過をよく観察するようにしてください。

初期のウイルス感染症対策(予防)

風邪などのウイルス性の感染症の予防、軽減には、まずは免疫力の向上が大切になります。

栄養価の高いフード、適度な運動や冬は寒すぎず、夏は暑すぎない、飼育環境の見直しも必要になってきます。

犬の鼻水が黄色や緑色のときに考えられる病気

黄色や緑色の粘りのある鼻水の場合、透明の鼻水からの悪化や、重大な病気の早期発見のサインとなっている場合があります。

ウイルス性感染症

上記にも書いたように、ウイルス性の感染症の症状が進行していくと、黄色や緑の粘り気のある鼻水が出てきます。

初期症状から進行していくと、発熱、嘔吐、下痢などの他の症状も出てきますので、変化が見られた場合、すぐに動物病院に連れていってあげましょう。

ウイルス性感染症の対策

ウイルス性の感染症を防ぐには、上記にも書いた免疫力の向上と更にワクチン接種になります。

特に、犬ジステンパーやケンネルコフは気づかずに時間が経ち、重症化すると命に関わる病気になりますので、かからない為にも事前に予防をしておく事が大切です。

腫瘍・歯周病

次に、高齢犬の場合、鼻の奥に腫瘍が出来ていて、その腫瘍から出る膿が鼻水のように出てきます。

また、歯周病によって口内から細菌が鼻に入り込んで、黄色や緑色の鼻水が出る事があります。

歯周病は症状が進行し、悪化した場合、歯根部が溶けて鼻の中に穴があいてしまう事もあります。

鼻水と思っていたものが、歯周病が原因で発生した膿みである事も多々ありますので、黄色や緑色の鼻水が出ていて、食欲が減ったり、顔に腫れが出ていたら要注意です。

腫瘍・歯周病の対策(予防)

腫瘍の予防としては、完全な予防法はありませんが、ウイルス性の感染症予防と同じように、食べ物や生活リズムを気にかけ、健康的な生活を意識し、免疫力を高める生活を心がけましょう。

そうする事によって、腫瘍が出来るリスクを下げる事は出来ます。

また、歯周病の場合は、若い時から歯磨きや口内ケアをきちんとしてあげる事によってある程度は防ぐ事が出来ます。

犬の鼻水血が混ざっているときに考えられる病気

血の混じった鼻水の場合、重大な病気のサインである可能性が高いです。

image

腫瘍、歯周病

鼻水に血が混じる場合は、腫瘍や歯周病が重症化している可能性があります。

腫瘍が大きくなれば呼吸にも支障が出てきますし、最悪口内へと広がり、食事をとる事さえ出来なくなってしまいます。

また、歯周病の場合も口内に痛みがあると、食欲の低下や炎症による発熱、歯周病菌が原因とされる心臓病の誘発などが考えられます。

どちらにしても、自然治癒は難しく、鼻水に血が混じる事は、物理的な原因(どこかにぶつけた等)意外では余程の事でないと考えられないので、急いで動物病院に連れていってあげましょう。

腫瘍、歯周病の治療

腫瘍の場合はX線で進行具合を確認した上で、手術による摘出や、抗がん剤、抗生剤、ステロイドなどによる治療がおこなわれます。

歯周病の場合、抗生剤の処方で一時的に腫れを押さえる事は出来ますが、スケーラーでの歯垢、歯石の除去と、歯根部が溶けてしまった歯の抜歯などを行わないと根本的な治療は出来ません。

さいごに

たかが鼻水、されど鼻水。

愛犬がクシュン!とくしゃみをして、鼻水が出てる〜と笑いながら見過ごしていたら、実は伝染病だった!手術をしないといけない状態だった!なんて事にならないように、鼻水だからと軽く見てはいけません。

黄色や緑色の鼻水は、細菌やウイルスと戦った末に出てくる白血球の死骸です。

色のついた粘ついた鼻水が出るという事は、体内に細菌やウイルスがいるという証拠なので、その時点ですぐに病院に連れていってあげましょう。

様々な病気の初期症状としてあらわれる「鼻水」。

この初期のサインを見逃さない事が愛犬を守るキーポイントとなります。

重症化する前に、動物病院に連れて行き、しっかりと治療をしてあげる事で、大切な家族を苦しませずに済みます。

毎日の鼻水チェックを、日々の日課に取り入れてみても良いかもしれませんね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ