暑い夏の犬の散歩の時間や頻度は?おすすめの時間帯は?


最近では気温も30度を超えてくる日が多く、暑い夏がやってきましたね。

愛犬も暑さにやられて、ぐったりしているのではないでしょうか?

ほとんどの犬は散歩が大好きですが、30度を超えるような猛暑日ともなると「いつもと同じように散歩に行って大丈夫かな?辛くないのかな?」と考えてしまいますよね。

散歩に行かないよりはマシだろうと高をくくり、飼い主の都合だけで散歩をしているとしたら、愛犬に辛い思いをさせていた。

なんていうこともあるかもしれません。

今夏の記事では夏の暑い日の散歩をする時間や夏の散歩で気を付けることを見てきたいと思います。

夏は愛犬にとって辛い季節です。

ぜひ最後まで読んで、この辛い季節を少しでも快適に過ごせるようにしてあげましょう。

暑い夏の日に散歩に行って平気?


そもそも犬は体温調節が苦手な動物で、暑さにとても弱いです。

人間は汗をかくことで体温を調整するのですが、犬は汗をかくことができず体温調節をすることができません。

体温調節の方法はパンティングという、下をだして「ハアハア」と荒い息遣いをして、舌の唾液を蒸発させる方法です。

それ以外の方法としてはとても単純なことですが、涼しいところに移動して冷たいところに体を密着させて体温を下げるというような方法があります。

このように犬は体温を調節することが苦手なため、体内からうまく熱を逃がすことができずに熱中症になってしまうことが多くあります。

熱中症になってしまったときに適切な処置をせずに放置してしまった場合、最悪死に至る可能性があります。

そのほかにも危険なことがあります。

夏場のアスファルトの温度はおおよそ50度から60度といわれおり、アスファルトの距離が人間よりも近いため、照り返しによる熱も強く感じています。

犬は直接アスファルトに接しているため、60度するアスファルトの上を長時間散歩すると皮膚がただれることや、化膿するなどのやけどを負ってしまいます。

このようなことがあるため日中の散歩を避け、夏の時期は細心の注意を払う必要があります。

夏の散歩にベストな時間帯はいつ?


ではいつ行けば愛犬に負担がかからず散歩をすることができるのでしょうか。

この時期は日差しがあまりない時間帯に散歩をすると一番負担がかかりません。

時間でいうと日が昇り日差しが強くなる前までの、朝7時までのタイミング。

日が沈み日差しが弱くなる夕方の7時のタイミングが散歩をすることに適した時間帯です。

しかし、日が差していなくてもアスファルトが熱を持っている可能性があります。

直接地面に触れてみて問題がないかどうか確かめてから散歩に行くようにしてください。

時間帯については、犬の大きさにかかわらず朝7時までと夕方7時より後ということは変わらないのですが、犬の種類(サイズ)により適切な散歩の回数と時間が変わります。

小型犬と大型犬どちらも飼われている方は適切な散歩の時間が異なるので特に注意してください。

小型犬

小型犬は室内で飼われている場合はそれだけでも、十分な運動をしているのですが散歩をする場合は1日1回、30分ほどにしてください。

ご近所さんの犬と一緒に散歩をするからといって、沢山歩かせてしまうと体に負担をかけてしまうことになり逆効果です。

中型犬

中型犬は1日2回30分の散歩を心がけてください。

この時にただ散歩をするだけではなく、「走らせる」や「外で遊ぶ」などの運動することを意識して散歩してください。

大型犬

大型犬は1日2回30分から1時間の散歩をしてください。

中型犬とは違い運動を意識した散歩をするというよりは、ゆっくりと長時間の散歩を心がけてください。

夏の散歩で気をつけるべき3つのポイント

散歩の時間帯や時間のほかにも散歩中に気を付けてあげることがあります。

小さなことですが、愛犬にとって一つひとつがとても大切です。

1.水分補給をする

散歩をしていると、体温が上がりパンディングが多くなり水分を多く消費します。

水分がなくなってしまうと体温調整をすることができなくなってしまうので、こまめに水分補給をするようにしてください。

2.アスファルトを避ける

アスファルトを避けて散歩をするだけで照り返しによる暑さがなくなり、土の上を歩くことで肉球に対する負荷を軽減することができます。

3.辛そうならすぐ切り上げる

いつもよりおしっこやうんちが少ないからといって無理に散歩を続けないでください。

うまく体温調節ができず、頑張ってパンディンクをしている可能性があります。

夏の散歩、おすすめの持ち物


暑い夏の散歩をより快適にするための持ち物を紹介します。

先ほども説明しましたがこまめな水分補給は必須になるので、ペットボトルに入れて持ち歩いてください。

水を汲むためのお皿を持ち歩くのがかさばっていやな方は、手に水を汲んであげてください。

最近は犬用の経口補水液も販売しており、暑い時期の水よりも効率よく水分補給を助けてくれます。

霧吹き

そのほかには水を入れた霧吹きを持ち歩いてください。

吹きかけることでもちろん涼しいというのもありますが、付着した水分が人間の汗と同じ役割を果たすので蒸発するときに体温を下げてくれます。

保冷剤

喉や手足の付け根などの血管が集中している部分を冷やしてあげましょう。

血管を冷やすことで、体温を全体的に下げることができます。

しかし、犬はおなかが弱いので、おなかを冷やさないように注意してください。

まとめ

犬はもともと暑さに弱い動物です。

暑いことは犬にとってとても辛いことなので、暑い季節だからこそ少しでも快適に過ごせるようにしてあげましょう。

あまり気にせずに生活してしまうと、熱中症ややけどなどのけがや病気になってしまうかもしれません。

夏の暑い時期は、私たちが感じている倍の暑さを犬は受けていると考えて接してあげましょう。

犬は人間よりも、暑さにとても弱いのです。

また、「愛犬を絶対に熱中症にしなぞ!」という方は、以下の記事も合わせて読んでみてください。

熱中症予防!愛犬が散歩中に熱中症にならない為の5つの暑さ対策

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ