愛犬が突然フガフガ苦しそうに呼吸するのは何?すぐ治す対処法

あなたの愛犬がフガフガと苦しそうに呼吸をしているのを見たことはありませんか?

激しい運動もしていないのに呼吸が荒くなると、とても不安になってしまいます。

少し様子を見て呼吸が落ち着いても、苦しそうに呼吸していたことが頭から離れなくなると思います。

愛犬が苦しそうに呼吸をしているときのために、対処法や原因を把握し少しでも愛犬の負担を少なくできるようにしましょう。

フガフガ苦しそうに呼吸するのは何?

犬がフガフガと苦しそうに呼吸をしている原因を紹介します。

フガフガと苦しそうに呼吸する原因は大きく分けて、生活習慣によるものと病気によるものの2パターンあります。

生活習慣によるもの

パンディング

この時期一番多い原因は気温の上昇によって体温が上がります。
上昇した体温を下げるために浅く速い呼吸をします。

この呼吸のことを「パンディング」といい、異常行動ではありません。
ほとんどの場合「ハァハァ」という呼吸になりますが、ハナが短いようなパグやブルドックなどは構造の問題で「フガフガ」と苦しそうな呼吸になることがあります。

気温によるパンティングに対しては特に対処をする必要はありません。

しかしそれ以外の原因で「パンティング」を行っている場合がありストレスや病気、クッシング症候群などがあげられます。

その場合は、原因を取り除く必要があるので一度病院を受診してください

発作性呼吸

発作性呼吸と聞くと大きな病気のように聞こえてしまいますが、通称「逆くしゃみ」といわれます。

小型犬によく見られる症状で長くても1分「フガフガ」してしまうことがあるそうですが、苦しそうに見えますがそれが原因で呼吸がとまるなどのことはありませんので安心してください。

しかし発作や咳などが病気の前兆になることがあるので、あまりにも苦しそうで心配の場合病院で一度診察してもらうほうが飼い主さんも安心できると思います。

この逆くしゃみにの対処法は、軽く鼻を臭いで吸い込む空気の量を少なくしてあげれば収まる場合もあります。

完全にふさいでしまうと苦しくなってしまうので気を付けてください。

肥満

あなたも想像がつくと思いますが、肥満犬の場合も「フガフガ」と苦しそうな呼吸をすることがあります。

原因は肥満により首回りの脂肪が増え、呼吸をするときの空気の通り道が狭くなってしまいます。

空気の通り道が狭くなることで、通常の呼吸のときとは違う「フガフガ」という呼吸音になってしまいます。

肥満は良いことではありませんが、重大な病気ではありませんので焦らないでください

犬の原因のほとんどの場合は飼い主さんが原因です。
食事の量、おやつの量、運動の量。

愛犬自身ではどうすることもできませんが、飼い主さんが意識することで改善できることが多いです。
愛犬のためを思って無理のないダイエットをしてあげましょう。

病気が原因のもの

心臓病

犬の心臓病の多くは「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されています。

主な症状は全体的に元気が無く、咳や呼吸困難などです。
症状の「呼吸困難」の際に「ハァハァやフガフガ」といったような呼吸が起こります。

心臓病にかかりやすい犬種があり、ミニチュアダックスフンドやパピヨンなどの小型犬に多くみられます。

早期発見をすることで症状の悪化を遅らせることができます。

しかし心臓病は完全に治すことはできません。
適切な治療をし、生活環境を整えることで少しでも愛犬を快適にすごさせてあげましょう。

肺炎

肺炎とは肺や気管支にウイルスにより炎症が起こってしまうことです。

症状が悪化した場合に、発熱や呼吸困難などが起こります。
呼吸困難が原因で死に至る可能性もあります。

肺炎は予防注射を受けることができますので、定期的な健康診断と予防注射をすることで防ぐことができます。

肺炎に感染してしまった場合は、入院が必要になります。
二次的感染を防ぐために、環境が整ったところで安静にすることが必要になります。

気管支炎

主な症状は呼吸困難の他に、吐くような素振りがみられるときは気管支炎を疑ってください。

気管支炎は発症してから症状が出るまでに時間があまりかかりません。

この病気は環境によりかかる病気と言われているので、気温の変化や湿度の変化などに気を付けてください。
気管支炎は投薬による治療を行います。

呼吸の妨げになるような、首輪や衣服を外し安静にしてください。

まとめ

初めに紹介したような生活習慣や犬の習性によって「フガフガ」と苦しそうに呼吸することがありますがこのような重大な病気などにはかかってはいません。

夏の暑い日に愛犬が「フガフガ」しているからといって、焦って病院に駆け込むのではなく様子を少し伺いましょう。

それでも「フガフガ」と辛そうな呼吸が続くのであれば、病院に連れていき診察してもらいましょう。

何か大きな病気にかかっているのかもしれません。

日々の様子を観察していても、定期的な健康診断は欠かさずに行ってください。

病気を早期発見することで進行を遅らせることができる病気を発見できるかもしれません。

愛犬の不思議な行為は少し愛くるしく見えますが、何かのサインかもしれませんので注意深く観察しましょう。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ