愛犬の散歩はご飯の前?後?正しい順番と空けた方がいい時間

d8c38e1086618739880a1923614d1460_m

わんちゃんにとって、日常の中で至福のひと時である食事と散歩の時間。

その二つはわんちゃんにとっては大切な時間ですが、実際はあまり深く考える事なく、飼い主さんの仕事や生活のリズムによって決められている事が多いかと思います。

食事と散歩はわんちゃんにとっては子犬の時から老犬になるまで、毎日繰り返し続いていく大切な日常ですが、私たちが日々何気なく行っている行動が、実は大切なわんちゃんの体に負担をかけていて、気づかない内に病気のリスクを高めているかもしれません。

では、一体どのタイミングでご飯をあげて、どのタイミングで散歩にいくのが一番いいのでしょうか?

そして、食事、散歩のタイミングによってどんな病気が引き起こされるのでしょうか。
今回、わんちゃんにとって一番良い散歩のタイミング、食事の与え方をわかりやすくまとめてみましたので、詳しい理由と一緒に見ていきましょう。

愛犬の散歩はご飯の前?後?(理由も)

067324

わんちゃんの散歩のタイミングには様々な意見がありますが、体調を一番に考えてあげる場合、食前の方がいいようです。

理由としては、食後の過度な運動は胃への負担になり、中には食後の運動によって嘔吐してしまう子もいます。
また、ご飯を食べてからの散歩は「胃捻転」「胃拡張」などの病気の原因にもなるため、基本的に食後の運動はおすすめ出来ません

胃捻転や胃拡張は胸が深い大型犬(グレートデン、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなど)で特に多いですが、小型犬や中型犬でも発症する可能性が十分にあります。

原因としては、食後に胃が膨らんだ状態で激しい運動をする事で、胃が揺さぶられ、その振動で胃が捻れてしまう、などの理由が考えられています。

この病気は発症すると、激しい痛みが伴いとても辛いうえに、症状が進むと短時間で命に関わる重大な病気です。

食後落ち着きがなくなったり、何度も吐きそうなそぶりをしたり、胃にガスが溜まり、お腹が膨らむなどの症状がみられた場合、早急に動物病院に連れて行きましょう。

症状が進むとショック状態になり、多臓器不全に陥り短時間で死に至る非常に緊急性の高い病気です

ちなみに病院での処置は、ショック状態に陥っている場合、点滴をしてから胃へのチューブ挿入をし、胃内部のガスを抜きます。

その後、胃が捻転している場合は全身麻酔をかけ、手術にて捻れの解消や、再発防止の胃の固定などを行います。

空けた方がいい時間は?(理由も)

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

では、そんな恐ろしい病気「胃捻転」「胃拡張」を防ぐためにも、食後どれくらいの時間を空けたらいいのでしょうか?

この病気は胃の中にフードが残った状態で運動する事によって、胃内部にガスが溜まり、胃捻転が起こると言われています。

なので、食後に散歩に行くのであれば、最低1〜2時間は空ける事をおすすめします。

また食後1〜2時間経っていても、食後に散歩に行くようであれば、走らせたり、興奮させるようなものではなく、ゆっくりと歩く程度で簡単に済ませるようにしましょう。

他にも、ドライフードを食べた後に沢山の飲水をすると、胃内部でフードが膨張して大量のガスが発生し、発症の原因をつくりやすくなってしまうので、大型犬などの特に気をつけたい犬種は、事前にフードをふやかしてからあげるなどの対策をとってあげると良いでしょう。

またドライフード以外にも消化の悪いものや、芋や豆などの穀類もガスが発生しやすい食べ物となっていますので、あげられる際は散歩や運動の後にあげるようにしましょう。

最後に

普段何気なくあげていた食事や散歩に潜んでいたまさかのリスク。
ですが、ちょっと食事のタイミングを考えてあげるだけで愛犬の健康、命が守れます。
些細な事だけど、とても大切な事ですね。

冷静に考えてみると、犬の祖先と言われているオオカミ達も、狩り(運動)をして食事をし、食後はゆっくり休むというのが自然な流れです。

私たち人間にとっても、食後の激しい運動、長時間の運動は体の負担になり、苦しさを感じるので、食後は出来ればゆっくりしたい!と思いますよね。

また、食後の散歩とは逆の別の意見としては、散歩前に食事をさせる事によって肥満の解消などの利点もあげられています。

それは食後1時間後がもっとも糖質を分解しやすいタイミングだからとの事ですが、特に肥満などの問題が無いわんちゃんの場合は食前に散歩に連れて行くのが無難でしょう。

また、肥満犬であったとしても食後の散歩以外にも、食事療法や給餌の仕方などをかえる減量方法もありますので、大型犬などのリスクの高いわんちゃんは散歩を食前にして、他の方法で減量をした方が良いでしょう。

発症した場合は、大抵の場合緊急手術となる事が多く、特になりやすい大型犬となりますと費用も高額になる可能性が高いため、事前に保険に入っておく、胃捻転の手術をしてくれる動物病院の把握など、知識と共に飼い主さんの心構えと準備をしておくと良いでしょう。

こういった緊急性の高い病気は、飼い主さんが把握しているかどうかで助かる確率がかなりかわってきます。
大切なわんちゃんを亡くした後にとても後悔している飼い主さんもよくみかけるので、病気の知識と、予防の仕方を学ぶ事も飼い主としての責任のひとつかもしれませんね。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ