犬がキャンキャン無駄吠えをする5つの理由(気持ち)

キャンキャン、ワンワンと吠えてばかり。

なかなか啼きやまない愛犬にイライラしちゃった経験はありませんか?

隣近所と距離のある一軒家ならまだしも、マンションや家々がたて込んだ分譲住宅などでは、愛犬の吠える声が気になりますよね。

特に夜や早朝、愛犬の声が響いてしまうと、「周囲に迷惑をかけていないか心配で、飼い主さん自身まで睡眠不足になってしまう…」なんていうことにもなりかねません。

クレームを受けて気まずい思いをしたことのある人も、そうなる前になんとかしなきゃと思っている人も、まずワンちゃんの無駄吠えについて知ったうえで、対策を考えてみましょう。

そもそも「無駄吠え」って?

“無駄吠え”という言葉はよく聞くけれど、実際に「なんで吠えるの?」「どういう意味があるの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

その昔、人と一緒に暮らし始めた頃、犬という動物は、狩りの時に獲物を追いつめたり、人を襲う危険性のある熊やオオカミなどを追い払う役割を担っていました。

そのため「吠える」という行為は、犬の一番の仕事だったのです。

しかし、現代、コンパニオン・アニマルとして、またパートナーとして私たちのそばで生活している犬たちにとって、吠えることが必要とされる機会はめったになくなってしまいました。

本来、犬の吠えに「無駄」はない!!

“無駄吠え”とは、ひと言で言えば、人間が吠えてほしくない時に吠えること。

“無駄吠え”が「無駄」なのは、一方的に人間の側から見てのことで、犬の立場からすれば「無駄」でもなんでもなく、必要だから吠えているのです。

吠えるという行為は、犬にとってはたいせつな“意思伝達(コミュニケーション)手段のひとつ”

彼らは喜怒哀楽といった感情や要求したいことを、なんとか伝えようとして吠えます。でも、それが人の望まない場所や時間であった場合、イコール“無駄吠え”ということになってしまうわけです。

・・・とはいえ、人に迷惑をかけるのはNG!

本来、自然な状態で生きていくうえでは、まったく何の問題にもならない、”吠える”という行為ですが、人の社会のなかで暮らす以上は、ある程度制御できなければいけません。

まわりに迷惑をかけず、ルールを守って生活するためにも、愛犬の吠えをコントロールする方法を知っておきましょう。

犬が無駄吠えをする5つの理由(気持ち)

“無駄吠え”の理由を知るためには、まずどんな時に、何を伝えたくて吠えるのかを知る必要があります。

犬が吠える時、それは大きく分けて次の5つの理由が考えられます。

あなたの愛犬が問題行動(無駄吠え)する場面と照らし合わせながら“どんな原因があるのか”をみてみてください。

威嚇

自分のテリトリーに入ってきた部外者や、散歩中などに道で会った人や犬、猫や鳥など他の動物に対しての吠えで、多くの場合、警戒心や恐怖が原因です。

吠えることで、相手に「それ以上近づくな!」と警告し、追い払おうとするのが、このタイプの吠えです。

臆病な性格の子や、飼い主さんを守ろうとする子によく見られます。

“無駄吠え”の悩みによくある、〈インターホンや電話の音に反応して吠える〉、〈雷や花火の音におびえて吠える〉などのケースも、これにあたります。

関連記事:犬がチャイム音や来客に吠えるのを止めさせるしつけ方

要求

飼い主さんに訴えて自分の欲求を満たしたい時の吠えで、「お腹がすいた」「喉が渇いた」といった生理的な欲求を除いては、ほとんどが“甘え”から来るものです。

こういう時、ワンちゃんの望みはただひとつ、飼い主さんの注意を自分に向けたいということ。

飼い主さんの対応によっては、ワンちゃんのワガママをエスカレートさせることにつながってしまいやすいタイプの吠えです。

〈あなたのワンちゃんが、分離不安かどうかを見極めよう〉

ここでひとつ注意!!

あなたは「分離不安」という言葉を聞いたことがありますか?

一見、ワンちゃんのワガママと区別がつきにくい症状である「分離不安」

これは文字通り、飼い主さんと離れることに極度の不安や恐怖を感じてしまう症状で、悪化すると精神状態が不安的になり、ストレスや深刻な病気にもつながります。

  • お留守番ができない(吠えや粗相がひどい)
  • トイレにもついてくるようになった
  • 飼い主さんの動きを常に目で追っている
  • 飼い主さんが別室に行くだけで、キャンキャン吠えて呼び戻そうとする

…といった症状が特に気になる時は、悪化する前にトレーナーや犬の専門家に相談して、意見を求めるのが良いでしょう。

興奮

飼い主さんが外から帰って来た時、広い公園に連れて行った時、遊びが佳境に入った時などに、興奮のスイッチが入ってしまい、おさえきれない嬉しさの表現として吠えてしまうタイプ

アドレナリンが体中を駆け巡っているようなこの状態は、予想外の刺激を受けることによって、まれに咬みつきなどの思わぬ事故につながることもあるので、要注意です。

ストレス

忙しくて遊んであげられなかったり、お散歩に連れて行けず運動不足になったりすると、ワンちゃんの方もストレスがたまって、“無駄吠え”が増えることがあります。

また、暑すぎたり寒すぎたり…といった不適切な飼育環境がストレスの原因になって吠えることも。

放っておくと体調不良を引き起こすこともあるので、ふだんから良く観察しておくことが必要です。

体調不良

体の異常による痛みや激しいかゆみなど、なんらかの違和感をうったえようとする時の吠えです。

骨などの異常やケガ、皮膚疾患などがないか調べてあげましょう。

ここまで述べたどれにもあてはまらず、外的な異常が見当たらないときは、内臓系の病気である可能性も疑われるので、病院で診察を受けることをおすすめします。

“無駄吠え”を習慣化させるのは「達成感」の積み重ね

吠えの原因のところで述べた5つのケースのうち、「威嚇」と「要求」については、達成感の積み重ねが習慣化の原因と考えられています。

たとえば、散歩中にすれ違った犬に対してあなたのワンちゃんが吠えたとしましょう。

相手の犬は、吠えられていることを気にしながらも、飼い主さんにひっぱられて反対側の方向に歩いて行ってしまいます。

そのとき、あなたのワンちゃんは『やった!自分が吠えたことで、気に入らないヤツを追い払うことができた!』という達成感を感じているのです。

つまり、『任務完了!』というわけです。

吠えで注意を引くのも作戦のうち?

また、飼い主さんが忙しそうにしていて、なかなかワンちゃんのことまで手がまわらない時、“キャンキャン”と甘えた声で吠えてみたら、飼い主さんがあわてて近くに来てなでてくれた。

そんな経験も、ワンちゃんからしてみれば、『吠えれば、大好きな飼い主さんの注意を引くことができる』という、成功の条件付けにつながっているのです。

無駄吠えは習慣化させないことが大事!

このように、<吠える→気に入らない相手が目の前からいなくなった・欲しいものが手に入った→達成感を味わう>という経験を繰り返していくうちに、目的達成のためには吠えればいいんだという公式がインプットされてしまうのです。

このように、さまざまな原因から犬は吠えるわけですが、一般的にその吠えが習慣化してしまうと、問題行動としての“無駄吠え”につながります。

それでは、吠えを習慣化しないためには、どういった予防策があるのか、また習慣化してしまった無駄吠えをどうやってやめさせるのかを下のリンクをクリックして次のページでみていきましょう。

>>怒ってもダメ!犬の無駄吠えの1週間ピタッとやめさせるしつけ方

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

One Response to “犬がキャンキャン無駄吠えをする5つの理由(気持ち)”

  1. […] もしも知らないようであれば、まず「 犬がキャンキャン無駄吠えをする5つの理由」の記事で、あなたの愛犬が“なぜ無駄吠えをするのか”を知ってあげてください。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ