犬の口臭がアンモニア臭は病気!?今すぐやるべき3つの対策

「ん、なにこのアンモニア臭!?」

愛犬の口から、おしっこのようなアンモニア臭が…。

「これって一体なにが原因なの?」「なにかの病気の前兆!?」なんて、心配になってしまいますよね?

でも、その“勘”は正解です!

実は、“アンモニア臭い口臭と病気”は深く結びついています。

「まあ、我慢できるし…」と飼い主目線で、口臭を放っておくと取り返しの事態になってしまうかもしれません。すぐに対策をしてあげてください!

犬の口臭がアンモニア臭い原因は「内臓」にある!

犬の口臭がアンモニア臭くなる原因は、腸内に悪玉菌が増殖によって、腸内環境の悪化してしまうことにあります。

通常、健康なワンちゃんは、腸内にいる善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えてくれます。ですが、質の悪いドッグフード(栄養不足・粗悪品)や精神的ストレスの影響で悪玉菌が増殖。細菌が増え食べものをうまく分解できなくなり、腸内で有毒ガスが発生します。

それが、ニオイの原因です。

犬の「口臭の原因」を簡単にわかりやすく徹底解説!の記事でもお話していますが、腸内環境を悪化させたまま、つまりアンモニア臭を「まあ、我慢すればいいか」と放っておくのは、“非常に危険”です。

犬の口臭を放っておくと命に関わる病気へ発展する可能性も

腸は内臓の中でも、第二の脳とも呼ばれるほど非常に大事な臓器。ただの口臭だと、なんの対策もせず放っておくのは非常に危険です。

あなたの愛犬は、アンモニア臭と同時に、こんな症状はありませんか?

  • 下痢、または便秘
  • 嘔吐
  • 食欲がない
  • 体重の減っている
  • おしっこの量が減る

もしも、一個でも当てはまっている場合は、病気の可能性が高いです。

口からアンモニア臭がするときの考えられる病気は肝臓系と腎臓系の大きく2つ。

腎機能の低下や肝機能の低下により体内から尿として排出するはずの老廃物が体内に蓄積され、尿毒素が体内をめぐりさまざまな障害を引きおこす病気のサインの可能性が考えられます。

腎臓や肝臓は加齢と共に機能が低下していくため、特に高齢犬になるとアンモニア臭がするワンちゃんが増えていく傾向にあります。

だからといって、「子犬は大丈夫か?」っと言ったら、そうではありません。子犬、成犬、老犬関わらず、お口からアンモニア臭がする場合は、腎臓や肝臓に異変があると思ってください。

腎臓の機能が低下すると、口臭はどんどんきつくなっていきます。強いアンモニア臭がする場合にはとても危険な状態であることも考えられます。

若年の場合には先天性の腎疾患も考えられます。

腎機能の低下は加齢とともにおこりやすくなったり、感染症などが原因となる場合もあります。肝機能の低下により、アンモニアが体外へ排出されずに口臭がアンモニア臭になる場合もあります。

犬の口臭がアンモニア臭いときの3つの対処法

1:食生活の改善

はじめに話した通り、口臭の一番の原因は“食生活”にあります。

食生活を腸内環境を整えてあげることで、不快な口臭ケアが期待できます。

あなたが愛犬に与えているのは、どんなドッグフードですか?

「CMでやっていたから」「なんとなく良さそうだから」「近くのスーパーで安く売っていたから」・・・となにも考えずに選んでいませんか?

その選び方は“危険”です。

ドッグフード選びは、口臭対策の以前に、犬の健康や寿命にもダイレクトで関わってきます。

これ気に愛犬の食生活を見直してみては、いかがですか?

そんなことを言っても、「どんなドッグフードを選んでいいかわからない!」というときは、“犬の口臭対策ドッグフードを徹底比較!安全で効果があるドックフードはどれ?”の記事を参考にしてみてください。

2:ストレスの解消

しっかり犬の健康を意識した食生活をしているのにも関わらず、「口臭がキツイ。」という場合は、ストレスが原因の可能性が高いです。

  • 留守番させることが多い(時間が長い)
  • あまり一緒に遊んであげてない
  • 外に出る機会(散歩)が少ない

など、心当たりはありませんか?

強いストレスがかかると、悪玉菌が増殖し、腸内環境を悪化させる原因になります。

食生活も大事ですが、あまりストレスがかからないよう、生活そのもの見直すことを口臭対策です。

お留守番が長かったら、いつもより多く遊んであげる。など、積極的にストレスを発散させてあげてくださいね!

3:他にも気になる症状があれば、病院へ

さきほども少し触れましたが、犬の口臭がアンモニア臭い場合は病気の可能性もあります。

口臭の他にも気になる症状があれば、病院でしっかり検査を受けさせましょう。万が一、“尿毒症”を引きおこしている場合、命にかかわることもあります。

腎臓機能・肝臓機能の低下による病気の発見は、非常に難しいといわれています。

ですので、定期的な健康診断を欠かさず受けるようにしましょう。

正常な状態の血液検査のデータの把握や、体の状態を把握している獣医師の存在はとても大きな支えになります。

肝臓疾患・腎臓疾患は早期発見により、適切な治療の効果も高まり、専用の食事に切り替えることで症状の緩和をすることができます。

まとめ

愛犬の身体のチェックをする時に、排泄物はもちろん口臭からも異変に気が付いてあげましょう。愛犬の身体の変化にいち早く気が付くことができるのは飼い主さんだけです。

また、犬は7歳(小型、中型犬)を越えたら”シニア期”と言って、様々な身体の変化があらわれ始めます。

“シニア期”に入ると、病気が見つかることも多くなってきますのでとくに愛犬の健康チェックは、小マメに行いましょう。

小さな変化でも、気になることがあればすぐに獣医師のアドバイスを受けて、病気の早期発見、早期治療ができる環境を整えてあげましょう。

犬の口臭を「どうにかしたい!」という方は、【犬の口臭を徹底ケア】手軽で効果のある口臭対策ランキングTOP3も参考にしてみてください。

犬のオシッコ臭で悩んでいませんか?

犬を飼っていると頭を悩ませる"オシッコ問題"

部屋がオシッコ臭いって、 かなりストレスなんですよね…

あなたはそんな"オシッコ臭問題"に、 どんな対策をしていますか?

ファ●リーズなどの家庭用消臭スプレーで ニオイを消そうと必死になっていませんか?

でも実は、その方法では オシッコ臭は消せないどころか、 愛犬にとって悪影響を及ぼす、 絶対にやってはいけない対処法なんです!

「じゃあ、どうすればいいの?」

そう思ったアナタ!!

以下の記事を参考に正しい消臭法を試してみてください!

>>消臭スプレーは絶対NG!部屋のオシッコ臭を簡単に消す正しい方法

実際に私の家でも実践していて、本当に簡単にニオイが気にならなくなりました!

オシッコ臭が消えると、ストレスもなく快適に毎日を過ごせんるようになりますよ^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ